FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.01.11 (Sun)

「経営学のことが面白いほどわかる本」

経営学のことが面白いほどわかる本―日本一やさしいビジネスパーソン・学生のための入門書経営学のことが面白いほどわかる本―日本一やさしいビジネスパーソン・学生のための入門書

笠原 英一

商品詳細を見る


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
将棋やチェスには「定跡」がある。「経営学」もそれと同じ。数多くの実戦経験をもとに「こうすれば勝てる!」と気づいた手順についてまとめたものである。さらには、「新しい勝ち方」を理論と実戦の繰り返しによって検証している学問である。本書は、最新の経営学に精通し、経営の現場で活躍している著者による「すぐに使える」経営学入門。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 経営学って一体何なの?/第2章 マーケティング/第3章 生産管理/第4章 ロジスティクス/第5章 組織・人事管理/第6章 経営戦略/第7章 リーダーシップ


オススメ度 8

超良書。

こないだの記事で書いた「やさしい経営学」と同じくらいいい本です。

対話式になってて、経営学の用語の「それってどういう意味?」というポイントがうまく説明されています。

週刊こどもニュースみたいな感じですね。

経営学っていうのはそのときの状況で学者が思いついたことを用語にしてるので、その背景っていうのがわからないと全く理解できないんですよね。

他の学問と違って理論的必然性みたいなものはあまりありません。

なのでいきなり定義だけ与えられてもわけがわからなくなります。

そういえばアクセルの柳瀬先生はさすが准教授だけあって、そういったところを説明してくれるので非常に分かりやすかったです。


アマゾンでも絶賛されています。

「やさしい経営学」と同じくらいいい本ですね。

特に入門生や08で足きりになった人は必読だと思います。


日経新聞をとる→上記2冊→試験委員の榊原先生の「経営学入門 」→他の試験委員の本(余裕があれば)という順番がいいと思います。



やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)
(2002/10)
日本経済新聞社、

商品詳細を見る

経営学入門 上  日経文庫 853経営学入門 上 日経文庫 853
(2002/04)
榊原 清則

商品詳細を見る

経営学入門 下  日経文庫 854経営学入門 下 日経文庫 854
(2002/04)
榊原 清則

商品詳細を見る

 

関連記事

「経営学最初の1冊」

「経営学入門」


 
スポンサーサイト



permalink  |  基本書 経営学  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

2008.12.10 (Wed)

経営学最初の1冊

入門生などで経営学のイメージをつかみにくい人に最適の本があります。

やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)
(2002/10)
日本経済新聞社

商品詳細を見る


(オススメ度 8)

日経ビジネス人文庫で680円と格安です。

アマゾンのレビューでも絶賛ですね。

日経の「やさしい経済学」をまとめたものです。

(アマゾンより引用)
経営とは何か。その極意を、7日間(7章)の短期集中講義の形で伝授しようというのが本書の狙いである。初出は、日本経済新聞に2002年1月から半年間、「やさしい経済学──経営入門」として連載されていたシリーズ。経営学界の重鎮だけではなく、経営者らによる、自らの経験をベースにした講義も収められている。

経営学とはどんな学問なのかを取り上げた、第1日目の「経営学とは」から始まり、基礎知識から実践的な理論までをかみ砕いて説明しているため、経営学を学んだことのない人にもわかりやすい内容となっている。また、本書全体が戦略論と組織論に大別されており、それぞれの項目で内容が完結しているため、自分が興味を持ったところだけを読んでも違和感がない。紙幅に制限があるなか、情報を整理して掲載する新聞連載の読みやすさが生きた1冊となっている。

また、研究者と経営者、双方の視点による経営論がバランス良く配置されているのも本書の特徴である。特に、第3日目の「戦略を具体化する」に収められた、鈴木敏文セブン-イレブン・ジャパン会長や、柳井正ファーストリテイリング社長による実践的な講義には、学問的な論述とはひと味違う説得力がある。また、巻末に特別講義として収められた、御手洗冨士夫キヤノン社長と野中郁次郎、加護野忠男の座談会も、座学と実学との相互関係が垣間見られて興味深い。本書だけで経営学がわかった気になるのは早計であるが、実践的な知識を身につけたい社会人や、これから経営学を学びたいと思っている学生に役立つ1冊である。(朝倉真弓)
(引用おわり)


さらに09は榊原先生が出題する可能性が高いのでこちらの本は必須だと思います。

経営学入門 上  日経文庫 853経営学入門 上 日経文庫 853
(2002/04)
榊原 清則

商品詳細を見る

経営学入門 下  日経文庫 854経営学入門 下 日経文庫 854
(2002/04)
榊原 清則

商品詳細を見る


しかし、以前も記事にしましたが、良書なんですがややレベルが高い。

榊原先生が頭のいい人のようなので、日経文庫という体裁がやや裏目にでてるんですね。

コンパクトにまとめてるので冗長部分が足りないんです。


なのでまず「やさしい経営学」でイメージをつかんだ方がいいと思います。

今の傾向からいうと、テイラー、バーナードから始まるものはややずれてます。

そういった意味では、榊原先生の本が試験委員というだけでなく基本書としてもバッチリなんですよね。

これに出題を予想される試験委員の本を足すというのがいいと思います。


 
permalink  |  基本書 経営学  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.11.30 (Sun)

マネー革命

LECのグレードアップ講義が試聴できます。

その中で岡田 啓二先生(統計学と表示されてます)の経営学の最初のガイダンス部分は参考になります。

そこでNHKスペシャルを書籍化したものを紹介してました。


NHKスペシャル マネー革命〈第1巻〉巨大ヘッジファンドの攻防 (NHKライブラリー)NHKスペシャル マネー革命〈第1巻〉巨大ヘッジファンドの攻防 (NHKライブラリー)
(2007/01)




NHKスペシャル マネー革命〈第2巻〉金融工学の旗手たち (NHKライブラリー)NHKスペシャル マネー革命〈第2巻〉金融工学の旗手たち (NHKライブラリー)
(2007/02)




NHKスペシャル マネー革命〈第3巻〉リスクが地球を駆けめぐる (NHKライブラリー)NHKスペシャル マネー革命〈第3巻〉リスクが地球を駆けめぐる (NHKライブラリー)
(2007/03)





発表前に買ってしまったんですが、確かにファイナンス、財務論の入門書としては最高だと思います。

マコービッツ、ショールズ、シャープなどの有名な人にインタビューしてるし、取材班が素人なので初心者にぴったりです。

ついこないだお亡くなりになった「伊藤の定理」の伊藤清先生もでてきます。

「伊藤の定理」がブラック・ショールズ式のもとになってるそうですが、「私は金融のことなんか全然知らんですよ」とおっしゃってます。


以前再放送でやってたのを見たような記憶があるんですが、この番組はDVDにもなってないようです。

NHKオンデマンドで有料でもいいから見れたらいいんですがね。


写真が多用してあってイメージがわきやすいです。

これは超オススメですね。

ファイナンスの基本書としては一番でしょう。

年末年始に読むといいかもしれませんね。


 
permalink  |  基本書 経営学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.06 (Mon)

ざっくりわかるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書 297)ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書 297)
(2007/04/17)
石野 雄一

商品詳細を見る


去年出た本で結構売れてたと思う。

一度ファイナンスをやったことのある人には向かないけど、初めての人には全体像がわかるのでおすすめです。


ファイナンスの勉強ってなかなか難しいですね。

専門学校と本試験のズレっていうものがありますからね。

やはり試験委員の本を読むしかないんでしょうか。

適当に書いた3ファクターモデルが当たってたりしたから、科目合格でもしてないかなー


 
permalink  |  基本書 経営学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.10 (Sat)

「会社人間はどこへいく―逆風下の日本的経営のなかで」

会社人間はどこへいく―逆風下の日本的経営のなかで (中公新書)会社人間はどこへいく―逆風下の日本的経営のなかで (中公新書)
(1998/07)
田尾 雅夫

商品詳細を見る


試験委員田尾先生の本。

新書なので安くて読みやすい。

この先生は組織心理学という分野なので、組織論の話を「でも人間ってこうだよね」というふうに人間の心理が一筋縄でいかないことを説明している。

行動経済学と似たような人間心理からのアプローチで面白い。

でもまあ、この本から直接出題っていうのは無いかなー

テクニカルタームもホイッスルブロワーくらいしかでてきませんね。

私は心理学単体っていうのはそれほどすごいとは思いませんが、他の分野を心理学的に行うというのは目から鱗が落ちることが多いです。

社会科学の場合、机上の空論になりがちで現実との乖離が甚だしいです。

それが心理学が加わることによって現実への修正ってことになるんですよね。


 
permalink  |  基本書 経営学  |  コメント(0)

2008.04.25 (Fri)

「経営学入門」

試験委員の榊原先生の本。

2002年刊の比較的新しい本です。

普通の基本書だとテイラーやバーナードあたりの学説から始まりますが、この本ではばっさりと付録に回しています。

したがって、試験傾向にマッチした今の経営学という感じです。

ていうか、この本以外の入門書は若干古いと思います。

頭のいい先生という感じで、昔の試験委員の財表の醍醐先生、監査の山浦先生のような文章です。

私のような基本書好きにはもう少し分厚くして欲しいんですが、レジュメとかが好きな人には薄い本2冊で網羅性があるのでもってこいです。

上巻が組織論と戦略論です。

そして下巻が国際経営、ベンチャー、研究開発、日本的経営などの応用的な論点です。
 
バランスは完璧ですね。

しかも上下ともに903円と安いです。

安くて、薄くて、入門書で、試験委員対策にもなる、という四拍子そろった本です。

普段基本書を読まない人でも、少なくともこの先生が試験委員の間は読んだ方がいいでしょう。


オススメ度 7+


経営学入門 上  日経文庫 853経営学入門 上 日経文庫 853
(2002/04)
榊原 清則

経営学入門 下  日経文庫 854経営学入門 下 日経文庫 854
(2002/04)
榊原 清則




 
permalink  |  基本書 経営学  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2008.04.23 (Wed)

「モチベーション入門」

モチベーション入門 (日経文庫)モチベーション入門 (日経文庫)
(1993/08)
田尾 雅夫

商品詳細を見る


現試験委員の田尾先生の本。

私はこの先生かなり好きです。

とにかく読みやすいしわかりやすい。

アマゾンのレビューでも高評価ですね。

一般的に日経文庫ってあまり好きじゃありません。

執筆者の人選は完璧だと思います。しかし、紙面が限られるためにまず目次ありきで、そのプロットに縛られて説明が不十分に感じる本が多いように感じます。

3000円してもいいから紙面の制約を無くして分かりやすい本の方がいいですよね。

しかし、この本は文字が大きくて「ですます調」でありながら著者の考えがふんだんに入ってるのでわかりやすいです。

872円と試験委員の本としては格安です。

電車の中でも読めて、内容がわかりやすいので気分転換にもなります。

文字通りモチベーションが上がる本。


オススメ度 8


 
permalink  |  基本書 経営学  |  コメント(0)
 | HOME |