FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2006.08.03 (Thu)

税理士財表投下資金

大原会計士用税理士財表対策講座
レクチャー3回、答錬7回
30000円
外部生価格で倍払った。
過去問集(7年分)がついていたのが良かった。
但し答錬は難しすぎ。

TAC税理士財表対策講座(2回)+公開模試
4000円
申し込み締め切りが早かったので大原とダブルで申し込んでしまった。

TACファイナルチェック(2回)
1000円
基礎的な問題。理論の実現主義の問題がでてた。
でもそこはもともとできるから減損の方を当てて欲しかった。

大原総合計算問題集応用編
2500円
結局1問しかやらず。
教育的効果を狙ってるんだろうけど本試験と傾向が違う。
去年のTACの問題集をやった。

大原理論問題集
2500円
ほとんどやらず。
でも会計士の勉強にもいいということだった。
たしかに質はいい。
大原って税理士講座の方がいいね。

TACポケットテキスト
1600円
1週間前に買ったけどかなり良かった。
いきなりこれでインプットするのはきついけど講義を受けた後はかなり有用。減損もまとめが載ってたんだけど外してきかれた。


合計41600円・・・高い。

おかげで計算はできたけど、まさか減損でこけるとは。

今回は計算が簡単だったので税理士受験生はかなりの高得点だろう。

その高得点グループのちょっと下あたりに食いついてると思う。

理論で逆転しなければいけないのだが伸びなかったなー



スポンサーサイト



permalink  |  税理士財表  |  コメント(0)

2006.08.02 (Wed)

財表終了

計算は簡単だったけど減損の理論ができなかった。
税理士受験生は計算は相当できてると思う。
ま、なんにせよ集中して勉強できたのは良かった。

次は部屋の片付けと簿記+租税ですな。
力の配分としては、
早起き 50%
片付け 10%
簿記 30%
租税 5%
筋トレ 5%
って感じだ。

permalink  |  税理士財表  |  コメント(0)

2006.07.13 (Thu)

税理士財表をひたすら

大原とTACの税理士財表対策講座を受けた。

大原はレクチャー3回と答錬7回。

レクチャーの方はいいんだけど答錬が公開模試と直前模試6回。

なんか難しすぎて効果があるのか疑問です。

応用答錬あたりをやってくれればいいのに。

先生も市販の総合問題集をやれって言ってたし、、、


TACはレクチャー2回で、早期申し込みをすると全答錬がついてきた。

おかげで大原と両方申し込むハメになった。

こちらもいきなり全答錬、しかもレクチャーの前に、、、

まあガツンとやられたんでしっかり対策をする気になったのは良かった。

で、答案が返ってくるとなにやらパンフが入ってた。

ファイナルチェックという基本問題の答錬(2回)が3000円のところ1000円で受けられるらしい。

申し込んだんだけどなんか抱き合わせのオンパレードだな。


permalink  |  税理士財表
 | HOME |