FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.11.13 (Fri)

ドット入り罫線ノートで論文の練習

今は企業法でも小問構成になってるんだけど、やはり段落分けなどの答案作成技術というものは重要です。

アクセル野坂先生は1行の字数も決めて原稿用紙のように書けとおっしゃってます。

企業法の場合は番号を振るのも大事ですね。

一、1、①の順です。

最初は鉛筆で縦に線をひいて段落分けの練習をしていました。ずれないように。

しかし、今はドット入り罫線のノートがありますね。しかもA4で。


コクヨS&T キャンパスノート(ドット入り罫線)A罫40枚A4 ノ-201ATコクヨS&T キャンパスノート(ドット入り罫線)A罫40枚A4 ノ-201AT

コクヨ




コクヨのドット入り罫線シリーズです。

7ミリなら使えると思います。

ポイントは文頭を縦方向に揃えることと、ひらがなもちゃんと1マス使うことです。

どうしてもひらがなは小さくなってしまうんですよね。



ルーズリーフもあります。


コクヨS&T キャンパス ルーズリーフ A罫 ドット入り B5 100枚 ノ-836ATコクヨS&T キャンパス ルーズリーフ A罫 ドット入り B5 100枚 ノ-836AT

コクヨ




但しこちらはB5しかありません。

でも解答用紙に余白があることを考えるとこっちでもいいかもしれませんね。


 
スポンサーサイト



permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.11.10 (Tue)

ジェットストリームアタック

今までゲルインクのボールペンを使ってました。

油性は筆圧がいるのですぐ手が痛くなります。


しかしJETSTREAM(ジェットストリーム)というボールペンを手に入れてかなり気に入りました。

油性でありながら力がいらない。

油性で使う気になるのはこれだけです。

家にあるのを全部捨ててこれをまとめ買いしようかな。


論文用にもいいと思います。

油性派の人は一度試してみるといいですよ。


 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.02.16 (Mon)

使途不明時間撲滅シート、予算実績差異分析

使途不明時間撲滅シートというのがあって、使ってみたらすごいことになってた。

みんな予定は立てるんだけど実績の管理ってあんまりしてないような気がします。



『 「もうこんな時間だ……今日、何したんだっけ?」「あれ、今何やっていたのだっけ?」──。

 メールやSNSなど、あなたの注意を引くものが氾濫するのが現在の仕事環境です。そうした誘惑に惑わされず、きっちり集中して作業をすることが求められています。

 そこでお勧めしたいのが「使途不明時間撲滅シート」です。これは1日、あなたが何をしたかを淡々と記録していくだけのシートです。数10分から数時間の単位で「書類作成」「ミーティング」「休憩」「食事」「睡眠」などと書き込んでいくだけです。

 ただそれだけですが、これを続けていると自分が何をしていたかを常に記憶していなくてはいけないので「あれ、今何をしていたっけ?」という時間がなくなります。常にこのシートを手元において自分が何をしているのかを把握することにより、効率的な作業を心がけましょう

 注意しなくてはいけないのはここに書くのは作業をした「実績」であって、「予定」ではない点です。必ず作業をした「後」に書き込むようにしましょう。そのほかに細かいルールは特にありません。常に手元において自分の作業実績を淡々と記録しましょう。つけはじめたその日から効果が出るはずです。』



ポイントはA4で印刷することでしょうね。

ちょっとした休憩も書き込みます。

また、2日分がシートになってるんですが、学校がある日とない日をやってみるといいと思います。

私の感覚では1コマなら残りの時間勉強できるんですが、2コマあると疲れであまり勉強できませんね。

1日家にいる日は相当だれてます。

コーヒーをたててそのまま30分休憩とかざらですね。

やはり、人間は時間の感覚というものは主観的な要素がほとんどなんだと思います。


これが予算実績差異分析だとすると、今度はABMを導入して時間がかかる活動を分析したほうがいいですね。

毎日答練をコピーしてるんだったら、自動でできるところでまとめてやっておくとか。

うーん、自分で自分を管理するのって難しいですね。


 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.22 (Thu)

興味があることはやりつくす

去年から続いてた整理術&仕事術の熱が冷めた。

勉強に集中せねばと思ったんだけど、生活スタイルを根本から見直さないといけないと思ったので本を読み漁った。

そうしたらだいたいめぼしい本は読んで、自分に合うやり方というのが分かってきた。


興味があることを抑えて勉強するより、思い切ってやりつくした方がいいような気がする。

もちろん整理や勉強法自体が完璧になったわけじゃなくて、本やネットでの情報収集が終わっただけです。

あとは、気になる著者の新刊や、ブックマークしてるサイトをチェックするくらいです。


勉強もこんな感じで科目ごとにやりつくす時期っていうのが必要なのかもしれませんね。

しかし、今回私がハマったような「熱」ってのがでてこないんですよね。

どうやってハマるか。

それが載ってる本ってのがあればいいんですけどねー


 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.20 (Tue)

ライバル行動を減らす

以前読んだ行動科学マネジメントの本にこういうことが書いてあった。

増やしたいことをターゲット行動、それを邪魔することをライバル行動と定義つける。

そしてターゲット行動に着目するのではなくてライバル行動を減らすことが重要と書いてあった。


試験に合格するという目標のためには、勉強時間を増やすということがターゲット行動になります。

しかし、勉強時間だけを増やそうとしても限界があります。

ライバル行動であるテレビやネット、友達との付き合いといったライバル行動を減らした方が効果があります。

私はテレビを減らすことにはかなり成功しました。

完全に見ないようにするかどうかはメリットデメリットがあるので迷ってますけどね。

友達とも年明けからは連絡を断っています。

おかげで時間はかなり増えました。

あとはネットですね。

ブログを書く時間はいいんですが、その後ぼーっとしながらついついネットサーフィンをしてしまって時間が経ってしまうことがよくあります。

講義のDVDを見て疲れたときもフラフラとメールチェックをしてしまうんですよね。

というわけでネットを減らすことが最重要課題です。



すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)

石田 淳




 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.08 (Mon)

整理術 科目を混ぜない

まだまだ整理は続いています。

やはり会計士受験生の場合は資料が多すぎるので、「科目を混ぜない」ということが一番重要ですね。

本棚の基本書も科目ごとにまとめると非常にすっきりしました。

ついつい机の横にレジュメや答練を積んでしまいがちです。

しかしそれは絶対ダメですね。

ファイリングすればいいんですが、その前段階でも科目別にわけておくというのが大事ですね。

仕事などで「一時フォルダ」や「未決事項」といったとりあえず入れておくという場所があります。

我々の場合はそういった入れ物を7個用意する必要があります。

逆に言えば、それさえあれば必要なものはすぐに見つかるので、ガチガチにファイリングする必要もなくなってきますね。


 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.05 (Fri)

A4カラーボックスその2、収納には容積

こないだ記事にしたA4カラーボックスですが、かなりイイです。

なんでこちらのサイズを標準にしないのかが不思議です。

通常のサイズは家庭で使う場合でも、雑誌が横置きになるので不便です。

高さもそんなに違いません。

5段タイプだと部屋が狭くなりますが、これなら圧迫感が無いです。


私の部屋が散らかってたのはほとんどが紙です。

教材以外にも本がやたら多いんですよね。

完全に収納量を超えてました。


あと2つ買おうか考え中です。

一列に並べたらそんなに邪魔にはなりません。

それよりも、床に資料を積み重ねておくほうがよくないですね。


 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2008.12.04 (Thu)

整理は全てに影響する

論文後から抜本的な整理に取り組んでる。

今日も整理関係の本を1冊読んだ。

超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法
(2008/08/25)
石田 淳

商品詳細を見る


行動科学の観点から書かれてるので、とても合理的でした。

最近の自己啓発関連の本は「再現性」ということに重点を置いてますね。

昔の精神論ではなにも変わりません。

具体的な行動に落とし込んでるから取り入れやすいんですよね。


合格発表まで本を読みまくっていたので、異常にスピードが速くなりました。

簿記でも、あるとき一気に理解が進んで、スピードがあがるときがありますよね

あれに近いです。(最近は無いですが・・・)

眼球運動というより、イメージでページをとらえるって感じです。


 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT