FC2ブログ
2006年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.08.31 (Thu)

ファイル、A4とB4

今年から問題用紙のサイズがB4からA4になった。
簿記なんかは机に広げても邪魔にならずやりやすい。
しかし、余白が減るため下書き用紙の比重が大きくなるだろうね。
私は勘定分析くらいしか下書き用紙は使用しないから少し勝手が変わる。

このA4、B4っていうのは片面だとA4、両面だとB4ってことだろう。
会社なんかでは片面しか使わないし机に広げるからからA4。
勉強用は二つ折りで両面印刷だからB4。

しかし面倒なのがファイルだ。
B4なら見開きにすることができるんだけど、A4はかなり使いにくい。
B4→綴じて使用
A4→綴じて収納
ってことになる。

やはり、勉強にはB4の方があってるんだろうね。
結論としては、問題用紙はA4でいいけど解説冊子は今まで通りB4二つ折りにしてほしいってことです。


スポンサーサイト



permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.30 (Wed)

日商1級を受けることのメリット

公認会計士試験と重なる試験って意外と少ない。
日商簿記と税理士簿記くらいじゃないだろうか。
税理士財表は7割くらいしか重なってない。

そこで日商1級を受ける人が多いんだけど、この日商1級っていうのは持っていてもあまり役に立たない。
税理士の受験資格がもらえるけど大学に行ってれば必要ない。

で、私が思う一番のメリットというのは傾斜配点を実感できることだと思う。
25点×4科目でそれぞれ点数が発表される。
合格基準が70点でたしか足きりがあったから露骨に傾斜配点が行われる。
難しい問題がでて「あー、原価計算の後半丸々落としたなー」と思っていても蓋を開けてみれば満点だったなんてことも起こる。
いかに簡単なところを取るのが大事かがよくわかる。

会計士も科目ごとに得点を通知してほしいよね。
せめて今のA~Dのランクを科目ごとに分けてほしい。
司法試験の成績通知では科目ごとになっているから次の年の対策がしやすいと思う。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.29 (Tue)

もう9月じゃん!

先週は丸々カゼで苦しんだ。
今は連結をやりながら飽きたら他の科目をやっている。
しかしもう9月。
もっとペースを上げていきたい。

今年は短答発表後から税理士財表に特化したんだけど勉強のペースとしては良かった。
どうしてもだれてしまうからね。
論文を受けた人も発表まではなかなか勉強はできないような気がする。

そうしてみると日商1級なんかを中間目標にするっていうのもモチベーション維持のためにはいいんだろう。
私はなぜか日商1級と建設業経理事務士1級はサクッと受かった。
建設業経理事務士は財務分析が独立の科目としてあって、当時は会計士の管理会計に入ってなかったからタックの市販本を買ってきて一夜漬けでやった。

なんか科目ごとに資格があればいいのにね。
そういえば経営学はあったかな。



permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.27 (Sun)

re-view簿記

結局re-view簿記を通信で申し込んだ、4000円かかったけど。

受付でテキストを見せてもらったところ、毎回結構厚いのがついてくる。
なんとなく伝統論点のところはいらない気がするけど改正に対応してるのでよしとしよう。

で、上級簿記は科目パックというのが無いらしい。
単科だと会社法まとめ6000円、上級講義Ⅰ、Ⅱが18500円づつ。
ハイレベルにしても同じ値段。
夏上級が李先生で秋上級が木戸先生。
タックは受けたことないんで受け付けのお姉さんにどっちがいいか聞いたところ、「李先生でオッケーだと思いますよー」とアバウトな答え。
そこで発送予定表を見せてもらったら夏は12月15日が最終で、
秋はなんと3月2日!そりゃないっすよ!

ううむ、43000円か、、、結構高いな。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.21 (Mon)

後悔模試C日程

論文組みにただでさえ負けているのに、追い込みでさらに差をつけられてしまう。
いっそ本試験と同じ日程で公開模試をやってほしい。
奨学生試験と兼ねてね。

ひとりでやってもいいんだけどたぶん生きているのが嫌になるから連結と租税をやることにします。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.20 (Sun)

簿記改正による出版物

今回の会社法関連の改正はこまごまとしているから手持ちの問題に影響を与える。
総合問題なんかどれも1ヶ所は改正が入っていそうだ。

大原新会社法レクチャーでやったところ以外では
連結株主資本等変動計算書→上級Ⅱレクチャー
新株予約権(付社債)→答練で対応
繰延資産→答練で対応
という面倒なことになっている。

ということは年内に計算をバリバリやろうとしても来年に対応した教材が無いということになる。

タックの刊行案内を見ると短答問題集が11/20。
全体的に遅い。
しかも日商1級が来年の6月から会社法導入だから市販の本は無いと考えた方がいいだろう。

こうなると早めにレクチャーを受けるなりした方がいいね。
大原の秋の計算特訓も受けるつもりなかったけど資料だけもらいに行こう。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.19 (Sat)

ブロック答練

レックの03年の簿記ブロック答練がなかなかいい。
アクセルの論文答練基礎期はわりに難しいのでその前段階としてちょうどいい。

総合問題でありながらかなり整理されていて論点の漏れが無いように作られている。
非常に教育的効果が高い。
総合問題でインプットをするのはナンセンスだと思うんだけど、これならオッケーだ。
すぽっくさんがタックマスター問題集を薦めておられたけど同じ趣旨だと思う。

こないだの税理士財表を受けて感じたことがある。
個別問題→基礎的な総合問題、まではいいんだけど、どうもその次って本試験問題が来るような気がする。
アクセスやステップなんかは難易度というものは似せてるのかもしれないけど方向性が違う感じだ。

本試験の難しさって基礎的なことをわかっているかどうかを角度を変えて聞くという難しさだと思う。
だから単に処理が多かったり複雑にした問題より、過去問でどの部分が聞かれるかを分析したうえで基礎的な問題をやったほうがいいのではないだろうか。

うーん、ま、過年度の答練を全部満点とれるような人はいいんだろうけどね。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.17 (Thu)

簿記新会社法攻略レクチャー

大原で全3回の講義を受けた。
久しぶりに教室で受けたんだけどなんとなく冗長な感じだった。
みんな休憩時間には寝まくってるね。

例題や練習問題がしっかりついているのだがなにかやりにくい。
テキストだけでは説明が不十分でレジュメを参照しなくてはいけない。
後ろに座った人が授業中にチョキチョキやってたけど確かに貼り付けた方が良さそうだ。

案の定最終回で質問が多かった所をもう一度説明してたけど、だったら読んでサクッと分かるようにレジュメを作って欲しかった。

ううむ、大原って質問するのが標準なんだろうな。
通学でいつでも質問できるという体制にするのがいいんだろうね。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.15 (Tue)

管理レベルアップ答練第1回

計算は簡単だったけど結構間違えた。
落とすと致命的といってたが正にそれだ。
作問者は池邊先生の元同僚ということは大原の先生ですな。
本試験チックな問題だった。

理論は組別と等級別の選択という論点で典型的なものらしいんだけど、
なぜか私は知らなかった・・・

申し込む時は資料通信でいいかなと思ったけどカセット通信にして良かった。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.13 (Sun)

管理会計理論問題集

迷ったんだけど結局とることにしたレックの管理会計直前答練が届いた。
分厚い理論問題集がついてきた。

管理会計は日商1級、短答レベルと論文レベルの差が大きいような気がする。
その点池邊先生は考えさせる問題が多いのでとても有用だ。

07は池邊先生でいきたいのだがやはり科目パックというのは無いようだ。
アクセルベースで管理をレック、経営を大原とかにするとえらい金額になる。

まいったな・・・



permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.09 (Wed)

実査

忘れていたが通信の教材の漏れがないか確かめなければいけない。

他の学校と違ってアクセルは手作業なんでミスがある。

本当はDVDも全部再生チェックしないといけないんだよな。

あー、なんで来るたびに検品しなかったんだろう。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.08 (Tue)

租税法

簿記と並行して租税法をやっていくことにした。
所得税と消費税の基礎期と完成講義20回を今月中に終わらせたい。
倍速なので見るのは速いけど復習しながらやらないと身につかないな。

07は完成講義が25回と増えてる。
本試験を見てみないとわからないけどだんだん重くなっていくような気がする。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.06 (Sun)

専門学校での疲労

朝コマの授業にでて、その後6時まで自習室にいたのだがやたら疲れた。

猛暑の中通学して授業中は冷房ガンガン、自習室はなぜか冷房が弱くて私には暑かった。

この温度差でかなりやられた。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.04 (Fri)

直前期から、まとめ解き

8月から07目標として新たにスタートしたわけだけど今やるべきことをしっかり考えたい。

ガイダンスで直前期からやりなさい、いまさら秋特とかやってる場合じゃないでしょ、とか言ってたけど確かにその通り。
基礎に戻りすぎて年内に終わらないというのがまずい。
応用パックだから年明けスタートということにして、年内は直前期の問題をやっていきたい。
あるいは苦手な分野のまとめ解き。
唯一基礎からやるのは租税。
やり残した教材がたくさんあるからそれを年内にやりつくす。



permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.04 (Fri)

倍速

通信の最大のメリットは倍速にできることだ。
3時間が半分になるから1コマの時間で復習もできる。
もちろん自宅にいるとだれるのだが、レクチャーに関しては通信がいい。

ということは通学通信併用コースというのが一番合理的だろう。
答錬は自宅では緊張感に欠けるからね。

専門学校だとレクチャーが1コマ入ると意外と勉強時間が少なくなる。
早朝~夕方か10時~9時のどちらかにしないといけない。

ただ、今の時期は冷房にやられるから疲れるんだよね。

なんにせよロスタイムというものの管理が重要だ。
移動時間無しだと7時~10時というのも可能なんだよな。
食事の時間が2時間として11時間か、、、
実働10時間というのが目標かな。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.04 (Fri)

棚卸し

ダンボールに入れっぱなしになっている教材の整理をしたい。

とっととファイリングしていらないものを捨てなければ。

読んでない新聞もたまっているので思い切って捨てる。

スペースを空ければおのずと新しいものが入ってくる。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.03 (Thu)

07目標

07の講座は今のところ、アクセル応用パックをベースにしようかと思っている。
それに簿記重点講義+基礎期の答錬。

アクセル一番のネックは管理会計。
講師が変わって未知数なんだけど作問が今年と同じだったらバッサリ切ります。
LECの池邊先生がいいんだけどどうやら科目パックというのがなさそうな感じ。
かなりの高額になりそうです。

後はTACの簿記講義。
これも高くつくだろうけど教材をどっさりくれるので申し込むと思う。
アクセスも簿記だけ受けにいくかもしれません。
モチベーション維持のために。
月ごとに申し込めるというのがいいね。

大原の経営は総まとめのみ取ると思います、高くつくから。

こうしてみるとアクセルの管理会計しだいってことになる。

簿記には投資を惜しまず他は絞るって感じです。


permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.03 (Thu)

税理士財表投下資金

大原会計士用税理士財表対策講座
レクチャー3回、答錬7回
30000円
外部生価格で倍払った。
過去問集(7年分)がついていたのが良かった。
但し答錬は難しすぎ。

TAC税理士財表対策講座(2回)+公開模試
4000円
申し込み締め切りが早かったので大原とダブルで申し込んでしまった。

TACファイナルチェック(2回)
1000円
基礎的な問題。理論の実現主義の問題がでてた。
でもそこはもともとできるから減損の方を当てて欲しかった。

大原総合計算問題集応用編
2500円
結局1問しかやらず。
教育的効果を狙ってるんだろうけど本試験と傾向が違う。
去年のTACの問題集をやった。

大原理論問題集
2500円
ほとんどやらず。
でも会計士の勉強にもいいということだった。
たしかに質はいい。
大原って税理士講座の方がいいね。

TACポケットテキスト
1600円
1週間前に買ったけどかなり良かった。
いきなりこれでインプットするのはきついけど講義を受けた後はかなり有用。減損もまとめが載ってたんだけど外してきかれた。


合計41600円・・・高い。

おかげで計算はできたけど、まさか減損でこけるとは。

今回は計算が簡単だったので税理士受験生はかなりの高得点だろう。

その高得点グループのちょっと下あたりに食いついてると思う。

理論で逆転しなければいけないのだが伸びなかったなー



permalink  |  税理士財表  |  コメント(0)

2006.08.03 (Thu)

簿記優先順位

アクセル重点講義あと2回、テキストの例題

短答答錬基礎~直前のうち新基準部分(改正がないところ)

論文答錬基礎~直前、連結、キャッシュフロー


やる教材はアクセルで揃っているのだが、苦手で早めに抑えておきたいところが改正される。

資本、分配可能利益、合併、株式交換・移転、会社分割

ということは連結、キャッシュフローと金融商品の細かいやつを重点的にやるべきだよな。

伝統的論点はバッサリ切ることにする。

これで短答答錬も半分くらいに減るはず。

permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.02 (Wed)

簿記虎の穴

今の状態は簿記が一番苦手というものだ。

税理士財表で計算のリズムが良くなったので集中して簿記をやりたい。

そこで、

大原の新会社法攻略レクチャー(3回)

TACのreview簿記(10回)というやつを受けることにする。

共に無料というのがいいね。

後はアクセルの06の答錬。

伝統的論点はできるから順番を考えないといけない。

そういえばガイダンスでこの時期計算をやる場合はやさしい問題からではなくて直前期からやれって言ってたな。

同一分野のまとめ解きとあわせて効果の高い方法でやりたい。

permalink  |  日記  |  コメント(0)

2006.08.02 (Wed)

財表終了

計算は簡単だったけど減損の理論ができなかった。
税理士受験生は計算は相当できてると思う。
ま、なんにせよ集中して勉強できたのは良かった。

次は部屋の片付けと簿記+租税ですな。
力の配分としては、
早起き 50%
片付け 10%
簿記 30%
租税 5%
筋トレ 5%
って感じだ。

permalink  |  税理士財表  |  コメント(0)
 | HOME |