FC2ブログ
2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2008.05.31 (Sat)

5月も終わり

私にとっては6月がいよいよ勝負です。

タックの全答が7月1日からなので1ヶ月で全科目平均以上をとれるようにしたいです。

ハーフ模試の出来がまだわからないのですが、アクセル生の場合、タックの全答で全科目平均以上あればいいかなという気がします。

会計学も相殺しないで3科目とも平均以上が目標です。

計算をメインにしつつも、理論のDVDの残りを消化したいです。

租税60%、簿記20%、ファイナンス10%、企業法5%、残り5%って感じです。

ユーロ月間なのでメリハリをつけてやっていきたいですね。

交通事故対策でスポーツクラブにもしっかり通って鍛えます。


 
スポンサーサイト



permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.30 (Fri)

短答講評

とはいっても私のではなく野坂先生の。

アクセルのHPの解答速報に野坂先生の講評があります。

問題はこちらです。

プリントアウトして解こうかと思いましたが面倒なのでやめました。

やはり企業法の4肢というのはひどいですね。

そして野坂先生が言うように財務会計論は魔物が棲んでいたようです。

メンタル面の勝負とありますが、なかなか難しいでしょうね。

私も財務会計論が荒れる可能性は予想してましたが、実際に本番であの問題を冷静に取捨選択するのは難しかったような気がします。

やはりできることなら財務会計免除を狙ったほうがいいですね。

また管理会計は短答の場合、解ける問題が多いので重要ですね。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.29 (Thu)

車にはねられました

自転車から飛び上がったので打撲だけで済みましたが、病院行ったり警察行ったりで結構時間がとられました。

相手はタクシーでしたが、完全に向こうが見てませんでした。

近年あらゆるものが劣化していますが、タクシーの運転手も例外ではないようです。

みなさん、事故にはあわないようにしましょう。


 
permalink  |  日記  |  コメント(2)

2008.05.28 (Wed)

苦手克服

壊滅的だった連結と租税がなんとかできるようになってきた。
試行錯誤を重ねたけど、結局両方ともアクセルの教材に戻った。

連結は07のような量自体は少なめで本質を問う問題と、やたら量が多くて処理のスピードが要求される問題がある。
私の場合はだいたいにおいて前者が好きなので07でしっかりやっておけば良かったです。

租税は中途半端だったのでアクセルの完成講義を見直しています。
租税はボリュームが重いと思っていましたが、20回強で終わります。
なんやかんや言って簿記や管理会計の比ではないですね。

これらに加えてファイナンスができるようになれば苦手科目は克服です。
07の問題を見ると経営って結構リスクが高い科目だと思います。
組織論・戦略論の部分は量が少ないので、用語を答えるところを間違えると一気に点が無くなります。
ファイナンスもわかっていても間違える可能性が高いです。
中学校のテストのように用語を答えるところが簡単で、文章を書くところが難問というようにはなっていないんですね。
作文の部分はみんななにか書けるので、用語を知っているかどうかで科目合格になったりするんでしょうね。
語句選択などを入れてもう少しリスクを減らして欲しいです。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.27 (Tue)

余裕がない

短答の問題って解答速報の冊子が出るまで入手できないので不便です。

簿記などは似たような問題が出る場合があります。

もう短答免除のアドバンテージはなくなりました。

テレビは完全に消します。

ユーロは気になるのであきらめて見ることにします。

結局チャンピオンズリーグの決勝も見てしまいました。

前半は良かったんですが後半からは緊迫感がありながらもイングランドサッカーの悪いところが出たような気がします。

PK失敗のC・ロナウド、テリー、アネルカというのはありそうな面子でした。

大一番になればなるほどスーパーエースが外す可能性が高いし、テリーというのはキャプテンで獅子奮迅の活躍をしてきて空気というものを読みすぎます。また、アネルカというのはいつも何を考えているかわからないタイプです。逆に空気を読まなさすぎて気合が入ってないように見えました。

なんにせよドログバの退場が痛かったですね。
ドログバがいればテリーは蹴らなかったようです。

ユーロはラウルとトレゼゲが落選ということになりました。
これは非常に残念。判断ミスですね。

一方イタリアはデルピエロとカッサーノが滑り込み。
一気にイタリアが楽しみになりました。

やはりイングランドが出ないというのは信じられませんね。

Cグループの大混戦と決勝トーナメントに入ってからのドイツ、スペイン、ポルトガルあたりの試合で、2回ヤマが来るんで楽しみです。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.26 (Mon)

税理士簿財

今回の短答で財務会計免除というのがものすごく有利だったようです。

自己採点で良かった人も悪かった人も税理士簿財は申し込むべきです。

30日が締め切りです。

そして大原の簿財受験セミナーに行った方がいいです。

多くが明日(27日)でWEBでも見れますが生で受けたほうがいいでしょう。

またタックも同様のものがありますが1回だけしかないので不十分です。

大原の場合はセミナーの後、有料ですが授業が1回、答練(税理士講座の公開模試と直前答練)が8回あります。

問題は税理士講座のものですが、解説を会計士講座の先生がやってくれるので、会計士受験生向けの内容になってます。

税理士の直前講座で配られる総まとめの問題集と過去問集がついてきます。

さらに外販の税理士講座の問題集をやることになる(こちらは自分で買うことになります)ので、かなりのレベルまで行きます。

財表だと、個別計算、総合計算基礎編、プラスアルファでやりたい人は総合計算応用編、さらに理論問題集ですね。

簿記と財表を受ける場合、そこそこお金がかかりますがそれだけの価値はあると思います。


さらに同日にプランニングセミナーがあって、講座無料券がもらえます。

こちらも出ることをおすすめします。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.26 (Mon)

短答も偏差値導入すべき

なんだか短答が大荒れみたいですね。

企業法のみ、財務会計免除、全部受験の3パターンで有利・不利の差が激しいようです。

もちろん企業法が難しい場合というのも考えられますが、そういうことは今まで一度もありませんでした。

いずれ短答にも偏差値が導入されるんじゃないでしょうか。

今のままだと新規参入が鈍りますよね。

早ければ次回から変わると思います。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.25 (Sun)

直前期

いよいよ直前期です。

残り3ヶ月全力でいきたいです。

一応今年は尻上がりに調子は良くなってるんでこれを保ちたいです。

友達とは疎遠になってますがまあ仕方ないでしょう。

とりあえず勉強時間をもう少し増やしたいです。

自宅で勉強してると細々したことに時間をとられますよね。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.24 (Sat)

残り90日

残り90日となりました。
やれることは限られてくるので邪魔な教材は処分しました。

結局簿記はアクセルの短答答練と論文答練のみにします。
連結は回数的には少ないのでぐるぐる回します。
論文答練直前期は07のものがあるのでもうやってます。
レックのレベルアップ答練は解きなおしはしません。
テキストを辞書的に使うだけ。

管理会計は優先順位が低いのでしばらく放置して、レベルアップ答練の直前期だけやります。

財表も基本放置です。
やる気が無い時に論文講義と答練のチェックをします。

監査は財表と違ってやらなくてはいけない。
アクセルの論文講義をしっかりやります。

企業法は大問題です。
てこ入れが必要ですが時間がかかる。
やはり論文講義中心ということになります。
分厚い方のテキストは見ないで、論文講義の薄いテキストと問題集をとりあえず1回転したいです。
近藤先生の授業を聞くと全部分かってるような気になるので自習中心ですね。

租税は最重要課題です。
5月いっぱいは租税に80%の時間を使います。
なんせ計算が・・・
レックの理論講座は3回目で止まってます。
全6回なのでつらい。
テキストも分厚い。

経営は計算問題を解きます。
分かっていても、電卓で標準偏差だすのとか間違えます。
ハーフ模試でも内容はわかってるのに真逆のポートフォリオDを選んでしまった。
ファイナンスって問題が単純なだけに大ボケをしてしまうことが結構あります。
経営は直前期に新試験委員対策とかあって面倒ですよね。


ハーフ模試を受けて、大原生って租税と経営の科目合格が多いような気がしました。
租税は重い内容をしっかりやってるし、経営も分量が多いです。

一方管理会計はかなり不安ですね。
入門のような問題を出してきます。
財表、監査、企業法というのは私にはどうも合いません。

論文のみの科目でアドバンテージをとるという形ですね。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.23 (Fri)

バナナはおやつに入ります

急遽記事差し替え。

短答を受ける人は是非バナナを持って行くことをオススメします。


脳はブドウ糖しか使いません。

そして人間の体にとっては果糖が一番負担が少なく、炭水化物、砂糖の順となります。

人間は昔は果実を食べていたので果糖の分解は早いです。

その次が炭水化物です。おにぎりとかですね。

そして砂糖というのは要注意です。

とにかく血糖値が急激に上がって、逆に体は血糖値を下げようとします。

なので砂糖をとると体がだるくなりやすいんです。

あまり砂糖に頼るのは良くないです。

スポーツドリンクも本来は半分くらいに薄めないといけません。

しかも汗をかいた場合は電解質を補う必要がありますが、受験の場合は汗をかきません。

基本は水です。

私は机の上には水を置いておいて足元にスポーツドリンクを置いて補助的に飲んでました。


お昼ごはんはおにぎりなどの炭水化物をとって、財務会計論の前にバナナを食べることをオススメします。

松岡修造が試合中に食べてたのを覚えてる人もいるかも知れませんが、バナナは速攻でエネルギーに変わって、お腹にたまらず、しかも果糖なので血糖値の急激な変化がありません。

ほぼ完璧な食べ物です。

果物なので他の栄養素も入ってます。

昼を食べない人もバナナなら食べられるんじゃないでしょうか。


まあ、去年の私みたいに休み時間にバナナの匂いをまきちらして、白い目で見られないようには注意してください。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.22 (Thu)

偏差値は母集団しだい

全答1回目を見て、やはり偏差値というのは母集団しだいで大きく変わるなと思いました。

やはり従来のように順位で判断する方がいいようです。

全答2回目では基本的に論文受験者しかいないので、ある程度正確な位置がわかると思います。

ここでは全科目平均点越えを狙っていきたいです。

総合で平均越えというのはあまりあてになりません。

しかし、全科目で平均を越えれいれば合格ラインに達すると思います。

私は得意科目(というほどでもないが)が財表と管理なので、科目合格狙いは難しいです。

あくまで一括ですね。

これに関しては短答合格者数などを見てみないとレベルがわかりませんね。

去年の大量合格で優秀者が抜けている+論文合格者数も維持だったらいいのですが。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.21 (Wed)

全答の採点

全答の上位の人が本番で落ちるということが結構あるんですが、なんとなくわかりました。

問題の質というより採点がかなりいい加減ですね。

特に監査はちゃんと読んでるのか疑問です。

外部生には点が来ないのかな。

一方財表はやたら高得点がついてました。

上位10%くらいの点だったんですが、財表は放置中なのに点がつきすぎだと思いました。

こちらはちゃんと読んでる形跡があって細かく点がついてました。

どうやらウソを書かなくて流れのある文章だったらポンポン点がくるようです。

企業法はパッと見で点を着けてる感じがしますね。

テーマずれの解答だったのに平均点を超えてました。

問題をひねりすぎていてテーマずれの解答が続出ってことでしょうか。


なんにせよ今回初めてだったのでよくわかりません。

去年受けてたら今年の受験者のレベルが変わったかとかがわかるんですがね。

ハーフ模試の方が相対的な位置が分かると思います。

でも、管理会計がかなり微妙な問題でした。

計算は満点続出だと思います。


まあ、あまり気にせず弱いところをやっていきたいです。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.20 (Tue)

コントロールスピード

サッカーではコントロールスピードというものが大事になってきます。

ボールを持って全速力でダッシュすれば、取られやすいし体力も切れやすい。

そこで8割程度のスピードで精度の高いプレイをすることが大事です。

もちろんジダンのようにプレイの質が高すぎる選手はトップスピードのままいけます。

ロナウドも実はスピードじゃなくてテクニックがあるから速いんですよね。


さて短答ですが、今年から1日になって異常に試験時間がきつくなりました。

そこで最後の財務会計論でいかに点数をとるかということが重要です。

旧試験の場合もみんな簿記を最後に解いていたので同様ですね。

暑すぎたり、逆に冷房が効きすぎたり、温度は普通だけど窓を閉め切っているため空気が薄いなどということが起こります。

そのため以前は地方受験をする人が多かったです。


そこで今回からの時間割を見ると、まず企業法に関しては時間が余る可能性が高いので8割くらいの集中に抑えましょう。

あまり気合を入れすぎず淡々と解きましょう。

次の監査+管理会計は時間の計算がしにくいですね。

分量が多い可能性もあります。

9割くらいの集中で監査と管理会計の理論部分を素早く解きます。

計算は時間があれば解ける問題が多いので理論で迷わないことが重要です。

わりと機械的にできるんじゃないでしょうか。

そして財務会計論でトップスピードにします。

集中力が切れかかって勢いで解いてしまう場合が多いですが、管理会計まで抑えていた集中力で問題の取捨選択を行いましょう。

理論はかなり速めにします。

計算は問題に取り組んで数字がでるかということが大事です。

なんとなく取り掛かって結局数字がでないというのは最悪です。

下書き用紙の上のところに「数字がでるか?」と書いておくといいでしょう。

計算部分をざっと見てそれを判断します。

変な実務的な問題は問題文全体に×をつけます。

計算の目標は6割でいいと思います。

そのためには5割数字がでればオッケーです。

残りの5割のうち5分の1が当たりますからそれで6割とれます。

半分でいいと自分に言い聞かせて冷静に判断しましょう。

そこがうまくできればあとは何も考えずにひたすら解くだけです。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.19 (Mon)

ハーフ模試2日目、全答返却

受講証の色でわかるんですが大原生がほとんどでした。

タックの人は受けないんでしょうか。

短答免除の人はみんな受けるものだと思ってましたが違うようです。

結果はタックと違って、割りと早く返してくれて、しかも郵送してくれます。

科目免除者の中での順位というのはかなり参考になりますね。

でも優秀者は既に科目合格してるんですよね。

去年の大量合格もあってどのくらいのレベルなのかがよくわかりません。

大原の先生に聞いてみればよかったです。


タックの全答も返ってきたんですが、なぜか会計学が科目合格レベルでした。

ありえません。

3270人中900番台でBランク(偏差値56以上)です。

上位28%以上ってことになります。

多すぎですね。

ていうか、短答前なので入門生がたっぷり入っていてかなりずれますね。

全答2回目でないとはっきりした順位はわかりません。

その点ではハーフ模試の方がいいと思います。

こちらは逆に今年短答受かってくる人がいないので偏差値はでないでしょうね。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.18 (Sun)

ハーフ模試1日目

やはり体力的にはかなり楽ですね。

大原だからかもしれないけど租税法で人が減りました。

科目合格が多いんでしょうか。

経営ではもっと減るでしょうね。

租税法はまだまだできないんですが、管理会計は簡単でした。


大原も公開模試を申し込むと法文集がもらえるみたいです。

26日からです。

こちらは5000円のままなんでタックよりお得ですね。

私は全答2回目だけ受ける予定です。

大原の模試は、通信にして資料だけ取り寄せるかもしれません。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.17 (Sat)

会計学は真ん中寄り

会計学って3科目の偏差値が合算されるから、いい科目と悪い科目が相殺される。

したがって足切りも食らわないかわりに科目合格も難しい。

でも偏差値50を切ると3科目分足を引っ張るわけだ。

会計学が50以下だとすると残りの4科目で挽回するっていうのは結構しんどいですね。

4つともできないといけない。

会計学が52くらいだと残りの4科目が2つ得意で2つが苦手というのでもオッケーです。

合算されるというのは意外と曲者ですね。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.16 (Fri)

4の倍数のときアホになります。

アクセル論文答練応用期4回目をやってる途中に頭がオーバーヒートした。

よく見てみると70分問題だし。

連結キャッシュフローってなかなか完答できません。

あれをみんな時間内に満点とれるんでしょうか。

80%記入×80%正解の64点を目標としても、初見ではきついです。

しかし、重点講義の例題と短答答練はやさしいんですが、論文答練になると急に難しくなります。

直前期も10問ありますからねー

その内半分が連結です。

連結って応用論点を網羅した中級以上の問題集ってないですよね。

タックのトレーニングで連結会計の応用編を出して欲しいです。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.15 (Thu)

試験会場の下見

もうすぐ短答ですが試験会場の下見は絶対行った方がいいですよ。

駅を降りて人の流れに乗って歩いていったら、別の大学のTOEICの会場に着いたなんてことになったら大変です。

休日ダイヤなので乗る電車を逆算して決めておきましょう。

切符もダメ。

ICカードにチャージしておきましょう。


当日は最寄り駅までタクシーを使うというのも手ですね。

会場の近くのコンビニで飲み物を買うというのも危険です。

水、お茶、スポーツドリンクの3本くらい必要ですね。

あと財務会計論のときには体力切れ、集中力切れを起こすので栄養ドリンクも用意しましょう。

普段飲まない人も一応買っておいて、財務会計論の前に飲むか決めたらいいでしょう。


終わったら、天ざる+ビールあたりがいいんじゃないでしょうか。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.14 (Wed)

100日切った!

とうとう論文まで100日切った。

短答免除だけど全然余裕ないよ。

ハーフ模試と全答2回目で5日間とられるから、単純に5%の時間が拘束されます。

完全オフとかはもう無理だな。

運動したり温泉に行ったりという積極的休養はともかく、飲みに行ったりとかは無しです。

チャンピオンズリーグの決勝とユーロは見るつもりだけど、他のテレビは完全に見ないようにするつもりです。

ネットもつけっぱなしにしないで細かく電源を抜きます。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.13 (Tue)

ハーフ模試

大原のハーフ模試を受けます。

4000円というのは微妙ですね。

ハーフなんだから値段もハーフの2500円にして欲しいです。

実施時間を見ると超楽ですね。

2日間に詰め込まれてますが、1科目1時間ですからね。

これなら負担が少ないです。

一方、全答2回目の時期に大原やアクセル、レックの模試を受けるかといえば微妙ですね。

3日間拘束というのはつらすぎる。

たぶんもうお金を徴収された全答だけにすると思います。

アクセルは通信で来るので、3日間じゃなくて普通の答練の感覚でやります。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.12 (Mon)

アクセル連結

アクセル論文答練の連結は基礎期2回、応用期5回(うち連結キャッシュフロー2回)しかない。

まあ、財務会計答練や直前期、公開模試を入れると結構な量になるんだけどね。

しかし、基礎期から結構きつい。

戸原先生が「無駄な問題は一切出しません」と言ってたけど、確かにウォーミングアップ的な問題は無い。

その分この7問を時間内に完答できればいいというように目標が明確です。

しばらくはこの7問を回したいです。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.11 (Sun)

徳政令

ここ1年くらいのサブプライム・ローン問題や原油高ってインフレを起こそうとしてるように思えてならない。

日本の借金は800兆円を超えてるんだよね。

インフレが起きると国民が預けてるお金の価値が減って、国の借金も減る。

要は国民→国というお金の動きを作ることができるわけだ。

増税なんかよりはるかに簡単。

原油高っていうのも、たしかマーケットの対象となってる原油って世界の何%かしかないんだよね。

そこを動かすことによって一気に世界の原油を高くすることができるわけだ。

なんとなく世界のトップが一斉にインフレを起こそうとしてるように思えます。

ガソリンがいったん下がって再値上げされましたが、元の値段より高くなりましたよね。

実はあの自民・民主の茶番劇というのはインフレを起こすためのものだったのかもしれませんね。

ガソリンが上がったら輸送費が上がるわけだから、それを価格に転嫁しやすいですよね。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.10 (Sat)

「会社人間はどこへいく―逆風下の日本的経営のなかで」

会社人間はどこへいく―逆風下の日本的経営のなかで (中公新書)会社人間はどこへいく―逆風下の日本的経営のなかで (中公新書)
(1998/07)
田尾 雅夫

商品詳細を見る


試験委員田尾先生の本。

新書なので安くて読みやすい。

この先生は組織心理学という分野なので、組織論の話を「でも人間ってこうだよね」というふうに人間の心理が一筋縄でいかないことを説明している。

行動経済学と似たような人間心理からのアプローチで面白い。

でもまあ、この本から直接出題っていうのは無いかなー

テクニカルタームもホイッスルブロワーくらいしかでてきませんね。

私は心理学単体っていうのはそれほどすごいとは思いませんが、他の分野を心理学的に行うというのは目から鱗が落ちることが多いです。

社会科学の場合、机上の空論になりがちで現実との乖離が甚だしいです。

それが心理学が加わることによって現実への修正ってことになるんですよね。


 
permalink  |  基本書 経営学  |  コメント(0)

2008.05.09 (Fri)

短答優先順位

アクセルの簿記重点講義の新会社法会計のところを見ています。

分配可能額ってまだでてないんですよね。

簿記で分配可能額とストックオプションは最重要ですね。

これは1日でやりつくせるし、これで2点とれる可能性が高いです。

問題数がどうなるかはわかりませんが、時間が短くなるんですよね?

だとしたら2点のインパクトは大きいです。

今簿記をやるのは抵抗があるかもしれませんが、テキストの例題レベルでオッケーだと思います。

次は、去年出てしまった新株予約権や企業結合などの新会社法会計の残りの部分です。

こちらはやや出題可能性が落ちるし、企業結合の場合は2日くらいかかりますが、知っていれば解ける問題が出る可能性が高いです。

ここまでがやっておくべきことです。

で、本番ですが財表と合わせて2時間です。

やや時間が足りなくなると思います。

まず絶対手をつけてはいけないのが実務的な問題です。

これは確かな答えが出るわけがないのでその場で適当な数字を書いてしまいます。

一方、従来やってはいけないとされてきた特商や本支店などの量が多い問題は最後に残り時間を見ながら1問はやるべきです。

これは時間さえあれば解けるんですね。

短答をサクッと受かる優秀者は、連結、持分法、キャッシュフローという3問を論文でしっかりやってるから合わせてきます。

まあ、この3点で受かるという感じですね。

そこに不安がある場合はどれか解ける問題だけにして、答えが出る伝統論点に取り組んだ方がいいです。

もちろん、他の問題の答えを書いた後ですが。


あと企業法はコンスタントにやるとして、財表、監査を減らしてでもやっておいた方がいいのが管理会計の理論部分です。

原価計算基準は文言をいじるだけだし、他の理論もその文章が何のことについて述べてるかが分かればいいだけです。

理論がサクサク終われば計算は簿記と違って時間があれば解ける問題ばかりです。

まあ、管理会計は監査と同時なんで時間はあるかもしれませんね。


試験が1日でやることになったんで、体力的にもきつい簿記が合否の分かれ目だと思います。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.08 (Thu)

下着にこだわる

古い下着というのは知らないうちにストレスとなって、集中力の妨げになるようです。

捨てるのはもったいなくて長く着てしまいがちですが、肌と密着する部分こそ重要なわけです。

特に高いものを買う必要は無くて、マメに替えればいいんです。

そこで一番手に入れやすいユニクロで比較してみたい。

まずは最安インナーフライスクルーT
innner1

3枚990円です。
フライスなので肌着っぽく密着します。
丈も少し長めでよい。
しかし、白は3枚とも白なんですが、色物は黒、チャコール、杢グレーの3色組。
グレー系は黒の生地から色を抜いて作るので強度が元々弱い。
できれば黒3枚の方がいいです。
薄い色から劣化します。
これ1枚にはなれないがインナーとしては優秀です。
私はいつも1パック新しいものを用意してます。

次、カラークルーネックT
インナー2

定番のパックに入ってるやつです。
1枚500円。3枚1290円。
色が豊富です。
ぴったり目ですが形はオーソドックスなボックス型のTシャツです。
丈も短めで1枚でもおかしくありません。
非常に薄くて肌触りが良い。
昔、雑誌でスタイリストが褒めてました。
インナーにするのにいいですね。
定番品なのでいつでも買えます。
旅行中とか急に必要な時に便利です。

最後、プレミアムコットンクルーネックT
インナー3

1500円。
これ最高。
肌触りがものすごくいい。
百貨店で売ってる高いインナーTシャツよりいいかもしれない。
ブランドものの8000円くらいのTシャツに近いですね。
肌着としてガンガン使うにはもったいないです。
1枚で着てても高いオシャレTシャツみたいです。
欠点無しですね。
私の場合、インナーとしては使いますがさすがに肌着としては使ってません。
もったいないから。
合格したら肌着は全部これにしたい。
それが夢ですね(小さいな・・・)


ユニクロの場合、色が豊富なだけじゃなくてVネックなどの他の形があるところがいいですね。

さらにセールにしょっちゅうかかります。

私はプレミアムコットンTが安い時にまとめ買いしました。

オンラインショップでも同時に安くなるんでいいですよね。

短答本試験の時はプレミアム・コットンTがおすすめです。

午前と午後で着替えるといいかもしれません。

私は去年これで受かりました・・・ってちょっと大げさか。


 
permalink  |  スタディハック  |  コメント(0)

2008.05.07 (Wed)

GWは混んでいる

夜まで勉強して頭がのぼせていたので、ゆっくりお好み焼きでも食べて帰ろうかと思った。

しかし、レストラン街に行くと異様に混んでる。

ああ、ゴールデンウィークなのね。

お好み焼き屋も行列。

けっ!こんな時にわざわざ並んでまで食べたいかね。

GWはギョーレツウィークだな、と思いながら仕方なくカレー屋へ。

イラついていたので無意識にカツカレーと生ビールを頼んでしまう。

ああ、酒やめてたのに!

でも感動的にうまい。

そもそも、辛さ+甘さ+脂というのは中毒性があるらしい。

なのでカレーとか牛丼とかラーメンっていうのはみんな好きらしい。

それにビールが加わるともうあらがえませんよね。

アルコールが入ると脂が分解できなくてすぐ太るんですけどね。

まあ、いいや・・・


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.06 (Tue)

直前期は軽くしてほしい

アクセルは直前期がやや重いです。

どうせ通信なんだから早めに発送してほしいです。

タックだと講義はそれぞれ全1回ですよね。

それはやらなさすぎじゃないかとは思いますが、レックの租税理論対策講座全6回なんていうのも異常に重いです。

大手で講義を夏上級で終わらせてる人って、あと直前期の答練数回づつと経営の試験委員対策くらいでしょうか。

それくらい余裕があったほうがいいですよね。

現状は大手の1月くらいの忙しさです・・・


 
permalink  |  日記  |  コメント(2)

2008.05.05 (Mon)

科目免除

去年2科目科目免除して受かった友達がいるんだけど、大量合格じゃなかったら危なかったって言ってた。

確かに総合の偏差値が約51で合格だから、約55以上ある科目が次の年に足を引っぱるということは考えにくい。

手を抜いても53くらいはとれるでしょうね。

だとしたら総合にはプラスに働くわけだ。

というわけで科目免除しないという人もちらほらいるようだ。

でもまあ、2科目免除があったとしたら残り5科目ですよね。

私だったら免除するなー

その分苦手科目の答練を複数の学校で受けて強化するかな。

会計士の場合は、免除で不利になる可能性があっても、それ以上に時間的、精神的プレッシャーの方が大きい気がしますね。


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)

2008.05.04 (Sun)

送料を払う

いよいよ直前期になってきました。

時間というものが非常に大事なものになります。

そこで、ネットで買える物はどんどんネットで済ますことにしました。

アマゾンは1500円以上送料無料なんでクリアしやすいんですが、楽天などは送料が気になりますね。

でも、送料をケチって買いに行くと時間がもったいないです。

ユニクロで下着を買うのも525円送料がかかりますが、わざわざ行くことを考えるとネットで買った方がいいです。

文房具などもアスクルがありますからね。こちらは1500円以上無料。

買い物って人ごみに行くことになるから、時間がとられるだけじゃなくて以外と疲れます。

アマゾン(本だけじゃなくて電化製品、サプリメントも)、楽天(服、カロリーメイトまとめ買い、サプリメントなどなんでもある)、アスクル(文房具、生活雑貨、ペットボトル飲料まとめ買いなど)、ユニクロ(下着、タオルなど)の4つでほぼまかなえますね。


 
permalink  |  スタディハック  |  コメント(0)

2008.05.03 (Sat)

経営ファイナンス終了

アクセルのファイナンス部分の講義を見終えた。

しかし、デリバティブなどは直前でやるみたいだ。

早めに終わらせておきたいのだが。


ところで経営って毎回穴埋めというか用語を聞くだけの問題がある。

あれってどういうつもりで出してるんだろう。

サービス問題のつもりなのかな。

問題の質としてはかなり低いですよね。

例えば5肢択一だったら、間違えた人は全くわかってないということになる。

しかし、用語を書かせる問題の場合、概念は分かってるけど用語を覚えてない人も間違えてしまう。

まず概念が先にあって、名前は勝手につけただけですよね。


ま、単に私がああいう問題が嫌いだというだけですが・・・


 
permalink  |  日記  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT