FC2ブログ
2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2009.01.30 (Fri)

もう1月終わりじゃんか!

答練はちゃんと受けてます。

このままのペースで行けば、休まず全部受けることができると思います。

しかし、レクチャーがたまってます。

4月(?)のタック全答練1回目までにはちゃんと終わらせたい・・・と思ったら2ヶ月しかない。

5月には大原総まとめレクチャーがある。

短答免除者用は各科目3回です。

余裕かましてたけど実は多い。

答練も多いですね。

財務会計論の答練が3時間というのがきつい。

その後解説があったりするんですがフラフラです。

解説だけでもDVDレンタルにした方がいいのかな。

有料だけど健康には変えられんよ。


 
スポンサーサイト



permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.01.28 (Wed)

本番の方がいい人悪い人

監査について、科目合格とった人からコメントをもらいました。
有用なので記事にしてみます。

「監査論・・

自分が特に模試において苦戦を強いられた科目でした。当時の上級答練、応用答練、直対等練は皆平均を割っていたんです。

ですが、直前期は思考力養成講義、思考力問題集を、論文総まとめをやりつつですが、出題者の主張の読み取りから答案構成までのプロセスをマスターすることに重点を置き、勉強した結果、科目を取る事ができました。

結果を受けて感じたのですが、本試験の採点って、模試のようなキーワード採点っていうよりは、「いかに説得力のある答案ができているか」に採点の基準が置かれているように感じます。

元々模試の結果がよくなかったのは、論点ズレや全然関係の無いことをたくさん書いて、大幅に減点していたからで、ちゃんと出題者は何を聞いているのか?何を書けばいいのか?をきちんと読み取り、それを筋が通るように書けば、それで受験生を突き放せると思います。

勉強方法がイマイチわからない監査論ですが、内容を理解し(監査基準などの一部の暗記は必要ですが)、直前答練レベルの問題を解きこなせば意外とできる科目なんじゃないでしょうか。」


全面的に賛成ですね。

しかし、ここから非常に悩んでしまった。

答練で点が悪いけど本番でいい点をとる人がいる。

一方でその逆もいるんだよな。


08監査でちょっと失敗したなという点がある。

自分の言葉で書くか基準を写すか迷って、基準を写してしまったことです。

専門学校の答練では写した方が点がくるからミスリードされてしまった。

テーマずれにしても、例えば大原の基礎答練1回目でテーマずれしないかが重要な問題があった。

でもああいうのって本試験のひねりとは全く別物ですよね。

どうも答練でテーマずれを聞くということ自体がテーマずれしてるような気がする。

なんだかよく分からない話になってきました。

結局、答練は知識の確認にはいいけど、答練対策をしてしまうと本試験とずれていくってことですね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.01.25 (Sun)

論文講義監査論1~3

福島先生は初めてなんですが、なかなか良かったです。

全6回なので進むペースは早いんですがそんなに気になりません。

テキストも目あたらしいのでいいです。

ただ、アクセルの方が項目ごとに四角の囲みでまとめがあるので復習しやすいですね。

目次学習もしやすいです。

あとランク付けもちゃんとしてあります。


監査は08の傾向が続くとしたら、どうやったら点がとれるのかよくわかりません。

全員解答用紙を埋めていてそれなりに手ごたえはあるのに点差は開くんですよね。

「出題の趣旨」と照らし合わせて分析するしかないんですが、何を書いたかあまり記憶がないです。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2009.01.24 (Sat)

集計ミスを防ぐ方法

面白い記事を見つけた。

『「 2 」か「 9 」で割ってみる』

けっこうびっくりです。

でも最近の簿記の問題で集計することってかなり減りましたよね。

実務についてからの方が使うかも。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.23 (Fri)

「会計のことが面白いほどわかる本」

こないだ紹介した「経営学のことが面白いほどわかる本」の財表バージョンの本といったところです。



会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計の基本の基本編>会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計の基本の基本編>
(2006/07/01)
天野 敦之



会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計基準の理解編>会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計基準の理解編>
(2006/07/01)
天野 敦之




かなり分かりやすいです。

基本書を読まない人や入門生におすすめです。

また、上級生でも基本が抜けてる人は基本編を読むと目から鱗が落ちると思います。

財表は転換期なのであまり試験と直結した基本書というのがありませんね。

08も会計理論を突っ込んで聞いてくるというような問題はありませんでした。

というわけでイメージをつかみやすいこの本が一番いいと思います。


オススメ度 8


 
permalink  |  基本書 財務諸表論  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.22 (Thu)

興味があることはやりつくす

去年から続いてた整理術&仕事術の熱が冷めた。

勉強に集中せねばと思ったんだけど、生活スタイルを根本から見直さないといけないと思ったので本を読み漁った。

そうしたらだいたいめぼしい本は読んで、自分に合うやり方というのが分かってきた。


興味があることを抑えて勉強するより、思い切ってやりつくした方がいいような気がする。

もちろん整理や勉強法自体が完璧になったわけじゃなくて、本やネットでの情報収集が終わっただけです。

あとは、気になる著者の新刊や、ブックマークしてるサイトをチェックするくらいです。


勉強もこんな感じで科目ごとにやりつくす時期っていうのが必要なのかもしれませんね。

しかし、今回私がハマったような「熱」ってのがでてこないんですよね。

どうやってハマるか。

それが載ってる本ってのがあればいいんですけどねー


 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.21 (Wed)

なんでこんなに時間がないんだ?!

おかしい。

短答答練が無いし経営免除なのに、やることに追われてる。

ああ、そうか。講義を見始めるのが遅かったんだわ。

全然余裕がない。

5月になって答練が休みになるまではこのペースだな。

しかし、5月は短答免除者用の直前講義がある。各科目3回。多い。

ううむ、答練をこなしながら計算の特訓をするしかないな。

計算年内完成とか都市伝説だよ・・・


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.20 (Tue)

ライバル行動を減らす

以前読んだ行動科学マネジメントの本にこういうことが書いてあった。

増やしたいことをターゲット行動、それを邪魔することをライバル行動と定義つける。

そしてターゲット行動に着目するのではなくてライバル行動を減らすことが重要と書いてあった。


試験に合格するという目標のためには、勉強時間を増やすということがターゲット行動になります。

しかし、勉強時間だけを増やそうとしても限界があります。

ライバル行動であるテレビやネット、友達との付き合いといったライバル行動を減らした方が効果があります。

私はテレビを減らすことにはかなり成功しました。

完全に見ないようにするかどうかはメリットデメリットがあるので迷ってますけどね。

友達とも年明けからは連絡を断っています。

おかげで時間はかなり増えました。

あとはネットですね。

ブログを書く時間はいいんですが、その後ぼーっとしながらついついネットサーフィンをしてしまって時間が経ってしまうことがよくあります。

講義のDVDを見て疲れたときもフラフラとメールチェックをしてしまうんですよね。

というわけでネットを減らすことが最重要課題です。



すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)

石田 淳




 
permalink  |  スタディハック  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.19 (Mon)

教室暑すぎ

年明けからカゼをひいてる人をちらほら見るようになりました。

教室で答練を受けてると、もうこれは防ぎようがないなと思ってしまいます。

人口密度が高いし、暖房がガンガンかかってるので乾燥しまくりです。

加湿機を置いてほしいです。

ホームセンターで売ってる3000円くらいなので十分だから。

この時期はみんなカゼ気味でも無理してでてくるのでなおさらヤバイ。

2月頭にピークを迎えるといわれてるインフルエンザはもっと危険です。

一応ワクチンは打ったけど、インフルエンザは感染力が強い。

教室に一人でもいたら感染してしまいそうです。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.18 (Sun)

80対20 パレートの法則

パレートの法則というやつがある。

80対20の法則とは、投入、原因、努力のわずかな部分が、産出、結果、報酬の大きな部分をもたらすという法則ですね。

これを私に当てはめると、伝統論以外の簿記と租税の計算部分ということになります。

ここさえ伸びれば十分合格ラインを越えると思います。

というわけで3月いっぱいくらいまで、簿記と租税に費やしたいと思います。

答練は受けるだけです。

企業法だけは予習しないと意味がないので時間をとりますが、他はぶっつけ本番です。


ところで、この「何が20か」というのは人によって違いますね。

入門生は計算重視で行かざるを得ないでしょう。

しかし、上級生で計算ができるのにもかかわらず100点取れる問題を繰り返して、財表・経営あたりを放置してるというケースがあります。

そういう人は思い切って計算の量を減らすということも必要かもしれませんね。



人生を変える80対20の法則人生を変える80対20の法則






 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.16 (Fri)

勉強法&整理術

珍しく雑誌を2冊購入。

週刊 東洋経済 2009年 1/17号 [雑誌]週刊 東洋経済 2009年 1/17号 [雑誌]
(2009/01/13)




普段は単行本の方が好きです。

しかし、茂木さんとか勝間さんとか齋藤孝さんや、勉強法の本を書いてる人を軒並み集めて特集してるので買ってみた。

ビジネス書のおいしいとこ取りですね。


日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 12/16号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 12/16号 [雑誌]
(2008/12/02)




こちらは私が去年から取り組んでる「整理」というテーマだったので即買い。

こちらも整理術の本を出してる人を集めてます。

「クリアホルダー整理術」を書いてる人のクリアファイルの活用術が面白かった。

2枚を上下反対にして使って中が見える封筒にして使うとか、デジカメやICレコーダーやさらには折りたたみ傘などの立体物を入れるというのは目からウロコでした。


本と違って雑誌の場合、写真を使えるのでビジュアルで理解しやすいですね。

昔は経営者などの思い込みを語ってるだけというのが多かったですけど、最近の仕事術はツールの紹介であったり行動レベルまで落とし込んでるので取り入れやすいです。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.14 (Wed)

プロテイン?カリフォルニアから直送さ

アメリカのプロテインをネットで注文した。

一応個人輸入代行ということなんだけど、普通にネットショッピングするのと同じです。

今は日通の航空便だと配達状況がチェックできるので、発送→飛行機→通関などの状況がわかって超便利です。

今回はオプチマム社の2キロのやつのバナナ味にしました。

円高のおかげで4500円くらいです。

味がよくて安いので日本のやつには戻れません。


アメリカの店頭だと送料がかからないからもっと安いはずです。

プロテインはホエイ(乳清)をつかってるから牛乳の一部です。

だとしたらそんなに高くなるはずないよなー

やはり日本のやつはぼったくりのような気がする。


で、牛乳ってことは味付けはアイスクリームのフレーバーなんですよね。

チョコとかストロベリーとかはほぼアイスと同じです。

アメリカなのでやや甘いですけどね。

チョコミントとかがあって味も予測できるんだけどさすがに2キロはきついです。


筋肉がついてきたのはいいんだけど、足の付け根や胸が太くなってきたのでジーンズやシャツがきつくなってきた。

ただ太るだけではそんなに影響はない。

しかし筋肉がつくと厚みがでるので服のサイズが変わってしまう。

ジーンズがぱつんぱつんって履いてる方も嫌だけど、見る方も嫌だろうね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.13 (Tue)

成績開示請求してみるか

大原の租税でボコボコにされてしまうので不安になってきた。

どうやら本試験では理論で稼いで法人の簡単なところをとったという感じだったんだろう。

というわけでどれくらいできたのかを知る必要があるので成績開示請求してみるつもりです。

会計学の内訳も知りたいしな。


発表のときに最初から詳しいやつを送ってほしいです。

でも就職活動のときにコピーを提出しろと言われたらまずいよね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2009.01.11 (Sun)

「経営学のことが面白いほどわかる本」

経営学のことが面白いほどわかる本―日本一やさしいビジネスパーソン・学生のための入門書経営学のことが面白いほどわかる本―日本一やさしいビジネスパーソン・学生のための入門書

笠原 英一

商品詳細を見る


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
将棋やチェスには「定跡」がある。「経営学」もそれと同じ。数多くの実戦経験をもとに「こうすれば勝てる!」と気づいた手順についてまとめたものである。さらには、「新しい勝ち方」を理論と実戦の繰り返しによって検証している学問である。本書は、最新の経営学に精通し、経営の現場で活躍している著者による「すぐに使える」経営学入門。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 経営学って一体何なの?/第2章 マーケティング/第3章 生産管理/第4章 ロジスティクス/第5章 組織・人事管理/第6章 経営戦略/第7章 リーダーシップ


オススメ度 8

超良書。

こないだの記事で書いた「やさしい経営学」と同じくらいいい本です。

対話式になってて、経営学の用語の「それってどういう意味?」というポイントがうまく説明されています。

週刊こどもニュースみたいな感じですね。

経営学っていうのはそのときの状況で学者が思いついたことを用語にしてるので、その背景っていうのがわからないと全く理解できないんですよね。

他の学問と違って理論的必然性みたいなものはあまりありません。

なのでいきなり定義だけ与えられてもわけがわからなくなります。

そういえばアクセルの柳瀬先生はさすが准教授だけあって、そういったところを説明してくれるので非常に分かりやすかったです。


アマゾンでも絶賛されています。

「やさしい経営学」と同じくらいいい本ですね。

特に入門生や08で足きりになった人は必読だと思います。


日経新聞をとる→上記2冊→試験委員の榊原先生の「経営学入門 」→他の試験委員の本(余裕があれば)という順番がいいと思います。



やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)
(2002/10)
日本経済新聞社、

商品詳細を見る

経営学入門 上  日経文庫 853経営学入門 上 日経文庫 853
(2002/04)
榊原 清則

商品詳細を見る

経営学入門 下  日経文庫 854経営学入門 下 日経文庫 854
(2002/04)
榊原 清則

商品詳細を見る

 

関連記事

「経営学最初の1冊」

「経営学入門」


 
permalink  |  基本書 経営学  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

2009.01.10 (Sat)

租税講義終了

大原の租税のレクチャー終了。

あとは問題集やりながら答練を受ける。

上級講義はかなりきつかった。

Bランク以上の人は科目合格してるので、上級受けるのはCランクの人限定だな。


今年は租税を得意にして確実に科目合格レベルにしたい。

租税が一番報われるんじゃないかと思う。

企業法はやったらやっただけ伸びるようにも思えるが、本試験でポイントを外して大幅減点ということがある。

監査は正直わかりません。

みんな解答用紙埋められるんだけど、採点基準がよくわからない。

かなり曖昧で、実は経営よりリスクが高いんじゃないかという気がするんだよね。


というわけで租税は上位10%が目標です。

・・・とは言ったものの今やってる基礎答練では無理なので、応用答練以降ということにします。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.08 (Thu)

筋トレ向いてない

筋トレをした日→なんともない。

1日後→筋肉痛

2日後→筋肉痛が弱まる+筋肉がだるい

3日後→だるさがピーク

4日後→だるさがとれる+いい感じにハリがでる。しかし、この日にまた筋トレをしないといけない。


通常48~72時間で回復するらしいんだけど、私の場合は中3日空けないとつらい。

で、このルーチンでやってると筋トレをする日だけが調子良くて、他の日は常に筋肉痛かだるさが残ってます。

やはりナルシストかドMの人でないと無理だなー

たしかにサイズアップして脂肪も落ちるんだけどね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.07 (Wed)

消費税のイメージ

租税法の中で消費税が一番嫌いなんだけど、この記事を見てなんとなくわかった気になった。

やる夫で学ぶ消費税法

やる夫で学ぶ消費税法~その2


付加価値税がフランスの3大発明ってのは以前にこの本を読んでたから知ってた。

知っているようで知らない消費税―「超」税金学講座 (新潮文庫)知っているようで知らない消費税―「超」税金学講座 (新潮文庫)
(2006/01)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


こっちが第1弾だったかな。

「超」納税法 (新潮文庫)「超」納税法 (新潮文庫)
(2004/08)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


私は単行本で読んだんだけど文庫になってますね。

付加価値税っていうのはインボイスという税額票(?)をつけるのがキモです。

前段階でいくら消費税が払われたか書かれた紙を添付します。

なので、課税売上割合をつかって控除なんてことを行わないわけです。

それがあるので容易に反面調査ができる・・・みたいな話でした。

なので日本の消費税は益税などの問題が多いようですね。


超整理法の野口先生はファイナンスの先生なのでいずれ試験委員になるんでしょうかね。

そうしたら租税と経営を兼任して「超」試験委員をやってほしいです。


こないだでて結構売れてるこの本は買うつもりです。

世界経済危機 日本の罪と罰世界経済危機 日本の罪と罰
(2008/12/12)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る

 

 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.06 (Tue)

ブログはフロー、ホームページはストック

過去記事にもブログ拍手がついたりするんだけど、そういう人ってたぶん検索から来てるんだと思う。

ブログっていうのは最初簡易HPと思われていたけどホームページとは決定的に違いますね。

更新のしやすさと検索のひっかかりやすさが革命的だったんだけど、あくまでフローです。

どんどん流されていって過去記事へのアクセスはかなり不便です。

その点ホームページは優れてるんだけど、作るのがかなり面倒だ。

ブログ並に楽なホームページ作成システムがないかなー

あるいはストック型のブログとか。

自分で目次ページを作るしかないのかな。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.05 (Mon)

「ザ・監査法人」

この本を読んだ。

ザ・監査法人―粉飾決算と戦った男たちザ・監査法人―粉飾決算と戦った男たち
(2005/12)
岸見 勇美

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
「あなたは会計士を信じますか」―監査法人・会計士のあり方を考えるタイムリーな一冊。巨大企業エンロン、ワールドコムの倒産に絡んで崩壊した世界的会計事務所アーサーアンダーセン、カネボウ粉飾決算事件等々、会計監査業界では何が起こっているのか。監査法人は企業の存続を決めるのか。粉飾決算などの不正会計はなぜ後を絶たないのか等々の疑問に答える。

内容(「MARC」データベースより)
巨大企業エンロン、ワールドコムの倒産に絡んで崩壊した世界的会計事務所アーサーアンダーセン、カネボウ粉飾決算事件…。不正会計はなぜ後を絶たないのか等の疑問に答え、さらに会計士のあり方を考えるタイムリーな一冊。


監査難民 (講談社BIZ)会計不正―会社の「常識」監査人の「論理」の方が面白かった。

アマゾンでも評判があまりよろしくない。

最後のほうでトーマツの創業者をやたら褒めてるんだけどなんなんだろう?


関連記事
『これは必読、「監査難民」』


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.04 (Sun)

プール→サウナ→本屋→CD屋

もちを食べすぎたので筋トレをしようと思ったんだけど、スポクラが短縮営業なので間に合わなかった。

結局泳いでサウナに入っただけ。

筋トレは中2日~3日くらいでやらないと意味がない。

明日は必ずやるぞ。

その帰り本屋で竹中平蔵の本を買った。

竹中式マトリクス勉強法竹中式マトリクス勉強法
(2008/10)
竹中 平蔵

商品詳細を見る


去年結構売れたそうだ。

千円しないってのがポイントですね。

元旦にNHKの討論番組にでてたけど、あまりかみ合ってなかった。

竹中氏の言ってることに賛成というわけではないんだけど、反対派の人のレベルがあまりにも低すぎた。

テレビに出てコメントをいうエコノミストや大学教授っていうのは、マスコミ用の論調になってしまってまともな討論にならない。


そしてCDも購入。

ソングス・アバウト・ジェーンソングス・アバウト・ジェーン
(2007/12/19)
マルーン5

商品詳細を見る


2004年のものだけどスペシャルバージョンが再発で1470円を格安だったので購入。

ノエビアのCMになってたこの曲が好きなのだ。

超名盤なのになんで今まで買ってなかったんだろう。

 

後はこのへんが有名。






基本的に洋楽って安い。

私は普段ジャズ・フュージョンを買うんだけどこれも日本盤が2500円で輸入盤だと2000円以下。

JPOPとか買う気しませんな。

せめて2500円にすべきだと思います。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.01 (Thu)

2009年

あけましておめでとうございます。

今年は合格したいです。

早速、行動パターンを見直し中です。


今年は答練を受けにいくので、学校に行く日は自習室に残ろうかと思っています。

答練がガンガン始まりますが、答練の予習以外は簿記と租税に費やしたいと思います。

3月くらいまでは計算中心ですね。

やはり経営が免除というのはかなり大きいです。

管理と財表は一応得意科目なので理論は企業法を中心にやります。

監査はやっても伸びるのかかなり疑問です。

私の中ではかなりのリスク科目です。


あとは筋トレを週2~3で組み込んで、体重3キロアップと体脂肪率20%以下を目標にしたいです。

そして、リアルの友達とは論文試験が終わるまで連絡をとらないことにしました。

テレビはさらに削減の方向です。

月曜すぽると、ガンダム00、爆笑問題の日本の教養、あとはカンブリア宮殿とWBSをたまに観るくらいですかね。

読書は現状維持です。

やはり本を読まないと成長しない気がしますね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |