FC2ブログ
2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2009.03.30 (Mon)

成績表

大原から基礎答練の成績表が届いた。

思ったより企業法がいいです。
これが本番でbランク以上とれればいいんですけどね。

監査は良かったり悪かったりです。
悪いときの原因がいまひとつよく分かりません。
一度先生に答案を見てもらう必要があります。

会計学はぱっとしません。
管理は基本的にはいいんですが、片方の問題が悪かったりします。
なぜか安定しません。
財表も得意なのに同様ですね。
簿記は悪いです。

で、租税はかなり悪いです。
やはり大原の答練はとりにくいです。
ただやれば伸びるのでなんとかなるかな。


企業法と租税が本番でbをとれればいいんですがね。
残りはcが目標です。

会計学は本番でも得意なところで点を落としたので要注意です。
これがdならかなりやばくなります。


だいたい大原は2500人が答練を受けてますね。
意外と少ないような気がします。


 
スポンサーサイト



permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2009.03.29 (Sun)

もう3月終わりじゃん!

3月から気合入れてガンガンやろうと思っていたら、カゼか花粉症かよくわからない症状に10日間くらい悩まされました。

しかもその間筋トレを休んでいたので、再開すると筋肉痛に激しくおそわれました。

タイミングよくやっていかないとだめなんですよね。

おまけに太った・・・

現在体脂肪率22%です。


論文まであと150日くらいでしょうか。

はっきり言って短免の場合、4月5月が勝負です。

ここでしっかりやっておかないと短答組に華麗に追い抜かれていきます。

かなり気合入れていかないとやばいです。


とりあえず全答1回目は対策を何もしないで受けることになりますが、全力を尽くしたいです。

平日クラスで受けるので、企業法が終わったらスポーツクラブのサウナに入ってビールでも飲むことにします。

今まで土日も勉強していて明確な休みがなかったので疲れがたまってたのかもしれません。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.28 (Sat)

「勉強の先送り」は「どこから始めるか」を見失った状態

「仕事の先送り」は「どこから始めるか」を見失った状態 | Lifehacking.jp


会計士試験の場合、ていうか私の場合やはり厳密な優先順位がつけられないってことがあります。

この時期、答練に追われるわけなんですよ。

1、答練を逃げずに受ける
2、答練を復習する、受けっぱなしにしない。
3、苦手科目からやる
4、得意科目を延ばす

ということはよく言われるわけなんですが、この中での優先順位が難しい。

答練は全部受けてるんですが、実は合格ってことだけ考えると最優先事項ではないんですよね。

5月に論文だったら自習だけしてます。

苦手科目からやるのが一番なんだけど、そうすると答練がおろそかになります。

答練を受けて自習を苦手科目に費やしてると復習が終わってない答練が山積みになります(←今ココ)

得意科目を放置すると去年の私のように管理が足をひっぱります。


なんというか、コーチがいてメニューを作ってくれたらいいんですけどね。

上級生になると人によってやるべきことがまるで違うから難しいんですよねー


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.03.27 (Fri)

大原プレ模試詳細

5月8(金)、9(土)、10(日) 昼クラス(本試験の時間帯)

もう一つ夜併用クラスがあります。

8(金)租税18:30~20:30
9(土)会計学ⅠⅡは昼クラスと同じ、監査18:30~20:30
10(日)昼クラスと同じ

ちょっとわかりにくいかな。

もともと金土日なので金曜の租税と監査をずらしただけですね。

5000円で免除1科目ごとに500円引き。


主な対象者は短答免除者です。そりゃそうだ。

短答免除者の中の位置を知ることができるので有用かと思います。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.24 (Tue)

全答練1回目申し込み、戦う姿勢

全答練申し込みに行きました。

免除の紙コピーさせろといわれて個人情報を吸い取られました。

4500円は高いなー

平日に受けるつもりです。

土日にすると、土曜が租税、監査、管理で日曜が財会、企業法になります。

受けれなくもないんですが、若干しんどいです。

2回目は土日に受ける予定です。


大原生の場合、受けない人も結構いるようですね。

確かに大原生は点をとりにくいし、答練と日程がかぶります。

しかしねー、戦う姿勢ってのが大事なんですよ。

「今日戦えないものに、明日を戦う資格はない」ってロベルト・バッジョが言ってました。

バッジョが言うなら間違いないです。



(コメントは右下のボタンで消えます)



 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.22 (Sun)

経営学の勉強法(組織・戦略論)

組織・戦略論は大原のテキストで暗記自体はできると思うんですよ。

経営というあいまいな科目をうまく受験用に落とし込んでると思います。

しかし、それが裏目にでることも多いんですね。

ぶつ切りで暗記してるから、そもそもの話がわかってないことが多いです。

学者が基本的なことだろうと思って出してるところができなかったりします。

特に谷田先生で受けてるとそういう傾向になります。

経営に関してはアクセル柳瀬先生や大原でも学者の先生がいたと思うんですが、そっちの方がいいような気がします。


大原のテキストに載ってることはある程度答えられることを前提にすると、それを補うためには


1、日経新聞、ワールドビジネスサテライト


2、入門書

やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)

日本経済新聞社、



経営学のことが面白いほどわかる本―日本一やさしいビジネスパーソン・学生のための入門書経営学のことが面白いほどわかる本―日本一やさしいビジネスパーソン・学生のための入門書

笠原 英一




3、試験委員の本の中で日経文庫の読みやすいもの

経営学入門 上  日経文庫 853経営学入門 上 日経文庫 853

榊原 清則



経営学入門 下  日経文庫 854経営学入門 下 日経文庫 854

榊原 清則



マーケティング (日経文庫)マーケティング (日経文庫)

恩蔵 直人




このあたりを読むのが一番じゃないでしょうか。

1、ですが学生の人はかなり重要です。08でプライベート・ブランドを書けなかった人は必須ですね。
これは社会人と重要度が大きく変わります。

2、のやさしい経営学より経営学のことが面白いほどわかる本の方が速効性があるかなー
両方いい本なんですがまず後者を試してみるといいかもしれません。

3、は出題可能性の高い委員の本でありながら日経文庫の入門書ということで一粒で二度おいしい本です。
これは必須というかテキストはここから抜き書きしてるのでさらっと読めばテキストの理解が深まると思います。
ていうか大原のテキストって前提の話とか抜きでいきなり箇条書きとかにするから分かりにくかったりするんですよね。


これらの本は全部1日で読めるので負担は少ないです。

これが終わったら時間がある人は試験委員の新しい本を読めばいいと思います。

なんというか経営の場合、大原のテキストをじーっと眺めていてもあまり意味がないと思います。

もちろん最終的にポケットコンパスに載ってることは覚えないといけませんけどね。

08は本試験完全対応版が全くダメでしたからね。

不完全対応版になるのはしょうがないですけど、完全不対応版だと困ります・・・


 
permalink  |  経営学  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.03.21 (Sat)

総まとめが微妙に重い

大原の場合、総まとめレクチャーが短答免除者用(全3回)と短答受験者用(全1回)に分かれてます。

論文受験者用は5月中旬から6月初めまでです。

しかし3回×4科目(経営は免除)=12回は結構負担感があります。

3回も必要なんですかねー

1回のやつでもいいような気がするんですが、こちらは6月中旬なのでやや遅いですね。

そもそも講義をする必要があるのか疑問です。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.03.20 (Fri)

祝日を忘れる

専門学校に通ってると祝日を忘れてしまいます。

学校の月別日程表では祝日に気づかないんですよね。

なにが困るかというとスポーツクラブが早く閉まるってことです。

昼に行かないといけません。


でも、こないだ答練の前に筋トレをすると調子良かったです。

確かに体を動かさないのに緊張状態にある方がおかしいですよね。

動物にとって緊張状態というのは臨戦態勢に入ることを意味します。

なので心拍数があがって体がすぐ動くようにするわけです。

答練ではその状態でじっとしてるから、終わった後いやな汗をかいてます。

そりゃ体に悪いですよね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.19 (Thu)

大原がTACを逆転

08は大原の方が合格者が多かったようです。

租税と経営が他校の倍くらいあるのが功を奏したのかなと思ってたら、知り合いいわく、ここ数年は大原優位で抜くのは時間の問題だったらしいです。

でもさすがに今年は反動でタックの方が多そうです。

優秀者がごっそり抜けてる感じですね。


大原の場合、短答がない租税と経営がやたら重いので完全にバランスは崩れてると思います。

しかし、入門生などでそれを乗り越えた人っていうのは強いんですよね。

租税は偏差値が高くでやすいし、08経営のような荒れた問題でも足きりを食らわない。

タック生の場合、経営の足きりになった人がちらほらいる印象です。


そうしてみるとアクセルは租税と経営の量が少なくてポイントをついてるので、実はバランスが一番いいように思います。

財表や企業法の分量が多いというイメージがあるかもしれませんが、目次やランク付けや項目ごとのまとめがついてるので2回転目からは高速で回せます。

法規集や監査の資料集は使いません。テキストに埋め込んでます。


なんというかアクセルってリスクアプローチがちゃんとできてる感じなんですよね。

大原は物量で押し切るって感じです。

タックは全答練しか受けたことがないですけど、若干大原よりハードさがない感じがします。

大原は本試験の問題のレベルからはずれてる気がするんですが大量合格時代にはあってるんでしょうね。

その分、入門生で脱落する人も多そうですけど・・・


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.18 (Wed)

大原プレ模試

5月8日(金)、9(土)、10(日)です。

全答練1回目が4月はじめ、プレ模試が5月はじめ、全答練2回目が7月はじめ、大原公開模試が7月中旬(18~20日)。

全部が必須というわけではなさそうですね。

短免で大原生の場合は全答練1回目はパスってのもありかも。

短答受験組はプレ模試は受けられないので、大原生の場合でも全答練1回目を受けるってのもありかと思います。

タック生の短免の人はプレ模試受けた方がいいかもしれませんね。5月にだれるから。


私はプレ模試があるので全答練1回目パスしようかなーとか7月を全答練2回目だけにしようかなとか悩みましたが、経営免除なので2日半なのを思い出して全部受ける方向にしました。

タックの場合は土日受験があるので2日で終わるし。

やはりたとえ経営でも免除があると楽ですね。

 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.15 (Sun)

よくわかる税法入門

よくわかる税法入門 第4版―税理士・春香のゼミナール (有斐閣選書)よくわかる税法入門 第4版―税理士・春香のゼミナール (有斐閣選書)

三木 義一



「ゼミ」と「解説」の2部構成で,わかりやすく税法を解説する入門書。初版刊行以来,入門書の決定版として,広い支持を集めている。「国際課税」を類書に譲り,かわりに「収入の帰属年度」の章を新たに設けた。税法を知ろうとするすべての人に必携の1冊。

第1章 社長の報酬を自由に決められない?【租税法律主義】
第2章 脱税・租税回避・節税の違いは?【租税回避】等,タイトルも親しみやすい全30章。
 以下は,第3章 税法の体系
第4章 応能負担原則
第5章 課税最低限
第6章 課税の限界
第7章~14章 所得税法(1)~(8)
第15章~17章 法人税法(1)~(3)
第18章~20章 消費税法(1)~(3)
第21章~22章 相続税法(1)~(2)
第23章 酒税法
第24章 地方税制
第25章~26章 租税手続法(1)~(2)
第27章 租税処罰法
第28~29章 租税救済法(1)~(2)
第30章 税の使途


私は第3版を読んだんですが非常にわかりやすかったです。

基本書というより入門書なんですが会計士受験生のレベルにぴったりだと思います。

実務的な入門書だとたいして役に立たないんですが、これは法学部の租税法の入門なので理論の講義プラスアルファといった感じでかなり使えます。


同じような対話形式のこちらよりよかったです。

プレップ租税法 (プレップシリーズ)プレップ租税法 (プレップシリーズ)

佐藤 英明



こっちは内容はいいんだろうけど会話の作り方がイヤだ。


 
permalink  |  基本書 租税法  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.13 (Fri)

情報ダイエット

最近注意力が散漫だ。

短答免除者は3,4,5月にいかに実力を上げるかが勝負だと思うので集中したい。

集中するためには雑多な情報が入ってくるのをシャットアウトする必要がある。

テレビはほぼ克服したんだけどネットがやばい。

あれこれ興味が連鎖するんだよね。

昨日も欲しいなと思ってたデジカメが2万を切ったというので、クチコミなどを2時間くらい見てしまった。

今はそんなお金無いし、なにより撮るものがない(!)のに・・・

ネットの買い物って時間が短縮できると思っていたけど、あれこれ検討する時間を入れると相当長くなりますね。

現代人が1日に目にする広告の量はハンパないらしいけど、その分勉強に使う集中力とかが減殺されてる気がする。

どこか世間とは隔離されたところに行きたいな。




情報ダイエット仕事術情報ダイエット仕事術






 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.11 (Wed)

法人税はフツーにできる

法人税は08のときにある程度はできていたので、大原のテキスト一読→問題集という流れですんなりいきました。

項目ごとにぶつ切りなのでやりつくすことが大事ですね。

論文からやってなかったのに大原の上級講座を急いで受けたのがいけなかったようです。

スピードが速いのとテキストが見にくいのに面食らってしまいました。

ただ、いったんできるようになったら個別問題集は非効率のような気がします。

忘れないようにするためのポケットコンパス問題編みたいなのがあればいいのにね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.11 (Wed)

短答特化は3月がデフォルト?

以前の記事で3月から短答特化した方がいいと書きました。

早いかなーとも思いつつあえて書いたんですが、みんな結構特化してますね。

そりゃそうですよね。

去年落ちた人は同期で短答受かった友達とかいるわけです。

似たような成績だったとしても、短答さえ通っていればそこから大きく違ってきます。

08の場合はそのまま論文に受かった人も多いし、ダメでも科目免除があります。

さらに科目がなくても、現時点で経験や短答免除で大きく引き離されています。

短答に受からないと話にならないという実感があるんでしょうね。


私の意見としては、3月中に企業法と管理会計を克服することをおすすめします。

企業法は問題集を条文をひきながら1回転させます。

解答にある条文を全部チェックします。

これは時間がかかりますが後々効いてくると思います。

管理会計は理論ですね。

原価計算基準はやりつくせるし、他の理論も選択問題なので簡単です。

最終的に企業法と管理会計は7割~8割とるべきだと思います。

監査はやっても6割~7割に落ち着くでしょう。

問題は財務会計でこれは厳しいです。

これが失敗して5割ちょっとでも通るように企業法を管理を上げとかないといけませんね。


短免切れた人はかなり受かってくるだろうし、アカスクでちゃんとやってる人はほぼ全員通ってきます。

この人達は別枠と考えた方がいいでしょうね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.03.08 (Sun)

成績開示届いた

成績開示請求してたのが届きました。

自分が思ってたのとかなり違います。

特に会計学。

3科目がまとめられてランクがでるので、得意な管理と財表が稼いで簿記の得点を補ってるんだと思ってました。


しかし、ふたを開けてみると管理が悪い。

偏差値45ちょいでぎりぎりdランク(管理単体)です。

08は時間配分で失敗しましたが、足をひっぱりまくりです。

全科目中最低です。

管理会計の勉強方法は練り直さなくてはいけません。

私は短答問題はやたら強くて、論文も答練ではわりといい点をとれます。

しかし本番で反映されないと意味がないですね。

08LECグレードアップ講義は見直さないといけません。


一方、苦手だと思ってた財務会計論はそこまで悪くありませんでした。

偏差値で表すと

第3問41.8
第4問44.2 
第5問54.2

財務会計論全体では47.0です。

こっちの方がいいなんて・・・

タックの全答では管理はAランクとかとってたのでやらなさすぎたんでしょうね。


一番悪かったのが会計学だったので他の科目はそこそことれてました。

dランクの中でも下の方かなと思ってたんですが。


管理と財表を放置というのは撤回です。

バリバリやらないといけません。


総合で偏差値51にもっていくのは結構大変だなーという印象です。

経営を免除したので稼ぎ頭が無くなってしまったし。


やはり租税と企業法を伸ばすのが一番ですかね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.03.07 (Sat)

アクセル踏みこむ消費税

08アクセル速修講義の消費税部分をやってます。

合併とか分割の納税義務免除の特例を除けば2回弱で終わります。

あそこは完全に範囲から除外されたんでしょうか?


租税が苦手だったのはやはり最初にじっくりやらなかったからです。

入門生の場合は計算だけの時期に問題集を繰り返しますよね。

あれが足りないと後々ひきずります。

簿記や管理にしても入門期が長いほうがいいでしょうね。


消費の個別問題はだいたいできるようになったので、08アクセル論文答練の中から消費税の問題をひっぱってきてやりたいと思います。

アクセルの問題はインプット用なので、直前答練でもステップ基礎くらいだと思います。

やはりストレスが少ないですね。


所得も08アクセル速修をひととおり見直したいと思います。

出題可能性は低いんですがね。


法人はどうするか未定です。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.03.06 (Fri)

もし模試申しこまなかったらもー知らね

大原では5月に「プレ模試」というのをやるようです。
ハーフではなくて3日間です。
これは時期的に短答免除者しか受けないので、自分の位置を知るのにいいですね。

というわけで4月はタックの全答練1回目、5月に大原プレ模試ということになります。

5月には大原では短答免除者向けの総まとめ講義(全3回)があります。
これが実は結構多いですよね。

そして6月からは直前答練です。

7月の頭にはタックの全答練2回目があります。
これは日程がパンフに載ってました。
平日クラスが7月1~3日、土日クラスが4,5日です。

大原の模試は7月の中旬だったと思います。

この7月の模試はどうするか決めかねてます。
2つ受けると6日間もつぶれるし、答案返却が遅いので修正があまり効きません。
大原はコース生なので無料なんですが、あえてタックのみにするかもしれません。


一方のタック全答練ですが、私の場合去年ミスリードされてしまったので注意が必要です。

よく知らないんですが、作問者が1回目2回目と同じなんでしょうか。

得意科目の管理と財表で2回ともいい点を取ってしまったため、他の科目に時間を費やした結果、本番でのびませんでした。

2回受けるとなんとなく慣れてしまうんですよね。

でも2回とも受けることによって順位の変動が分かるという利点もあります。

そういえば模試は解説でもう1日つぶれますね。

経営を受けなくていいので、土日クラスだと土曜に2h×3コマ、日曜に3h+2hです。

なんとか受けられるかな。


4月と5月のはゆったり受けますけどね。

5日間に分けてやろうか・・・


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.03.04 (Wed)

TAC全答練1回目

平日クラス4月1日~3日
土日クラス4日、5日

申し込みは3月7日から

パンフを申し込んでいたのでわかりましたが、WEB上に情報ってないような。

解説も通信生以外はWEBでは見れない模様。めんどくさい。

5000円で免除科目があったら500円引きです。

なので私は4500円。


permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.03.02 (Mon)

もう3月じゃん!

あー、ヤバイ。

基礎答練も終わりですが、答練を受けているだけでは学力がアップしません。

出来がいいものから3月の予定です。

管理は割といいです。
答練の復習だけして解きなおしはしません。
計算はこれ以上やってもアップしない。
しかし、本試験までに08LECグレードアップ講義を見るつもりです。
理論が増えたことに加えて、計算についても講義を受けて理解を深めたほうがいいからです。

次は財表。
これも割りと得意なんですが、大原の答練では平均割れになってしまうことがあります。
しかし大原対策をするというのはよくないですからね。
ただ、08の本試験を見ると大原的な問題が続く可能性もあります。
あまり時間をかけないで、総まとめを覚える感じでいきたいです。
思考力を問う問題だったらやってなくても相対的に上位にいくと思います。
ということは大原のをやったほうがいいのかも。

フツーなのが企業法。
これは採点のぶれがあまりないですよね。
答練が出来ていれば本試験でもある程度は反映される気がします。
やったらやっただけ伸びると思います。
答練でも平均割れはないし、本試験でも平均以上はいくと思います。
企業法が本試験でbランクくらいいってくれたらいいんですけどね。

ここから悪くなります。
監査。
法文集持込可で埋められるようになったんですが、よくわからない科目になりました。
答練でも今ひとつです。
法文集無しのころのテキストの内容をそのまま答える方が良かったです。
大原の答練のひねり方と本試験があってるのかさえよく分かりません。

租税。
大原の答練には慣れてきました。
しかし、テキストはムリです。
消費税がある程度できるようになってきたんですが、大原の法人税はやる気がしません。
アクセルの08に完全に戻るか09速修をとるか思案中です。
アクセルは改正講義がないので金銭的に痛いです。

簿記。
点はまだ低いですが、なんとなくめどが立ってきました。
簿記って入門生が一番勉強しやすいんだろうなと思います。
上級生の場合後から追加されて混乱する部分が多いんですよね。
大原のレクチャーが入門のように一からやってくれたのでたいして難しかったわけではないと気がつきました。
「改正講義→翌年は上級講義でかっとばす」という流れで定着してなかっただけのようです。
LECの簿記も受けてるんですが両方意味がありました。


3月も計算ですね。簿記と租税。

簿記は残ってるレクチャーを消化してしまいます。

租税は消費をもう一段階上げて、法人を回さないといけません。
結構忘れてます。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME |