FC2ブログ
2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.10.29 (Thu)

短答免除切れ→12月短答はきつい

発表まで1ヶ月を切ってますが、短答の方も2ヶ月を切ってます。

8月の論文を受けてこのスケジュールはマジきついです。


例年論文組は年明けから戻ってきます。

短答をたまたま受かったっていう入門生なんかはすぐに自習室通いを始めて租税をやったりしますが、それは少数派です。

科目免除がいっぱいある人は4月の直対期から戻ってくるなんて人もいたりするようです。


スポーツ選手でもオフシーズンがあるように、そういった休みの時期って必要なんですよね。

体力、精神力ともに回復しなければ続きません。

単にダラダラしてるわけじゃないと思います。

積極的休養ってやつです。


私はやっと回復しましたが、今から短答の勉強をするのはかなりきついです。

なんとか受かってればいいんですけどね。


 
スポンサーサイト



permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.10.18 (Sun)

捨てる日々

整理はまだ続いています。

教材もかなり処分です。


服はかなりめんどくさいですね。

ユニクロとか下手に頑丈なんで捨てにくい。

しかし年をとるにつれて使うものはだんだん絞られてきますね。

秋冬はナイロンジャケットとダウンでほぼいけます。

インナーは適当でいいし。

一応コートとか革のブーツとかあるんですが、寂しい生活をしているとオシャレアイテムは使わなくなって機能性のみになりますね。

下着や靴下もユニクロでまとめ買いして入れ替えました。

ユニクロレベルの品質でこまめに入れ替えるとかなり快適です。


今年はアウトドアブランドのナイロンジャケットを買ったんでこれで買い物終了です。

ちゃんとしたのを買うと透湿性があって縫い目もふさいでありますね。

かなり快適。

近年は暖冬だし電車とか建物は暑いので、1月2月以外はこれでいけそうです。

ダウンはもってるんですが、これも最近はダウンじゃなくてポリエステルの中綿が多くなってきました。

ユニクロのエアテックとか光電子プリマロフトとかです。

薄くてダウン並みの暖かさがあります。

セールの頃に買うかもしれません。

フリースが登場したときに軽くて暖かいのでびっくりしましたが、どんどん新素材がでてきますね。

ユニクロのヒートテックとかも新素材ですね。

あっ、ヒートテックのタイツ買っとかないと。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.17 (Sat)

「目立つ力」はブログのすすめ

目立つ力目立つ力

勝間 和代



『勝間和代のサクセス体験には、必ずインターネットがあった。
その戦略と戦術を公開し、ネット・リテラシーを、一気に勝間レベルにあげる本。

◎インターネットにつながっていると、私は、まるで機動戦士ガンダムでアムロがモビルスーツを操っているような気分になります。
インターネットを自己表現に使わない人生など、私にはもう考えられません。
ぜひ、みなさんもこの感覚を一刻も早く共有し、
「人生のモビルスーツ」を手に入れてください。

第一章 インターネット・メディアの可能性と威力を知る
第二章 ステップ1 Plan―戦略を考える
第三章 ステップ2 Do―表現する
第四章 ステップ3 Check & Action―改善・継続する
第五章 達人に学ぶ 座談会「αブロガーへの道」(小飼弾&村山らむね)
勝間和代が選ぶ お手本にしたい達人アカウント一覧          』



一言で言うとブログのすすめ。

「人生のモビルスーツ」というのが面白いです。

確かにブログで得られるものは多いですね。

人脈が増えるというのはあると思います。


今までブログは思考の整理といった側面の方が大きいかなと思ってたんですが、この本で「ブログは立体名刺」という言葉が出てきて納得しました。

自分のことを知ってもらえてるっていう方が重要ですね。


私もみんなどんどんブログをやればいいと思います。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.16 (Fri)

セル生産方式

以前経営学の基本書としてこの本を紹介しました。

やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)

日本経済新聞社、



安いし、日経の連載をまとめたものなんで読みやすいので紹介しました。

まあ、試験委員の本ではないんでそのままでることはないなとは思ってたんですよ。

でもでましたね、・・・管理会計で。


キヤノンの御手洗会長が書いてる箇所でセル生産方式がでてきます。

主に在庫削減に役に立ったと書いてあります。

セル生産方式という言葉は他にも2回でてきました。

これで穴埋めと記述の部分点はとれますね。

まあ、割とみんなできるところなんでしょうけど、実はここがとれるかとれないかはかなり重要です。

なぜなら問2,3が出題ミスで全員正解になったから。


私が紹介して読んだ人は10人ちょいくらいですかね。

それまで知らなくて、この本読んでたからとれたって人は1人か2人でしょうけどね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.15 (Thu)

結局は自分で考えるしかない

大前研一氏の本を読んだ。

即戦力の磨き方 (PHPビジネス新書)即戦力の磨き方 (PHPビジネス新書)

大前 研一



解説
『語学、財務、問題解決力などのビジネススキルから、勉強術、会議術、人生設計までを網羅。即戦力を磨く大前メソッドが学べる1冊。

「どんな人材がほしいですか」と企業に問えば、たいてい「即戦力になる人」と答えるにちがいない。では、即戦力とは何かと聞かれると、答えに窮してしまう。そこで、即戦力に必要な具体的なスキルは何かを紹介したのが本書である。

具体的には、「語学力」「財務力」「問題解決力」の三つがベースであると著者は説く。つまり、世界共通語になった英語力の学習法や財務感覚を身につける方法、問題解決の考え方をまとめた。また、本を一冊書けるぐらいの勉強への取り組み、会議で知的格闘を行なうためのディスカッション能力の修得法までを解説。最後に、若い層から中高年層まで、世代別に人生設計のポイントを指摘した。

「家も車も借りれば十分」「好きなように人生を生きる」方法は、これから所得が低くなっても豊かに暮らせることを教えてくれる。下剋上のビジネス社会を生き抜くための心得とノウハウは、目からウロコのアドバイスである。』

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 下剋上の時代
第1章 「語学力」を磨く
第2章 「財務力」を磨く
第3章 「問題解決力」を磨く
第4章 「勉強法」を身につける
第5章 「会議術」を身につける
終章 人生設計は自分でやるしかない



語学、財務、問題解決力の3つをあげているんだけど、会計士の勉強をしていれば財務力はある程度身につくと思う。

だけど私も実際に株とかの運用をやってないのでそのへんの経験が足りないなー

やはりネックとなってくるのは語学力でしょうね。

日本は20年くらい景気が悪いままです。

英語ができたら色んな選択肢が得られますよね。


なんにせよこの本で一番いいたいのは、思考停止せずに自分の頭で考えろってことだと思います。

定期預金、年金、住宅ローンなどは完全に思考停止でしょうね。

日本はとにかく自分で考えない人が多い印象です。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.14 (Wed)

バスロマン最強伝説

結局温泉に3回行って回復しました。もう温泉欲はないです。森林浴はしたいけど。

温泉1回がベホイミ程度なので私の最大HPは200くらいでしょうか。

論文終了時にはステータスの枠が赤になってました。


受験生活というのはずっと前かがみになっていてコリがすぐにできてしまいます。

それをリセットするのには入浴が一番なんですね。

温めるのと浮力がかかって無重力状態になるので腰などが解放されます。

また水圧によるマッサージ効果もあります。


以前中央省庁で働いてた友人が、激務で不眠症になって過労死寸前までいきかけました。

話を聞いてみるとシャワーしか浴びてないということでした。

それはマズいですよね。

寝ても体が硬いままなので余計に疲れます。


疲れをとるのは温泉に行くのが一番いいんですが、なかなか行く機会がありません。

そこで入浴剤です。

私が愛用してるのはバスロマンです。

これはチョー効きます。

普通のお湯に比べて明らかにぽかぽかするし、疲労もとれます。

ホイミくらいの効果はあります。HP30くらい回復です。

しかも安い。

ドラッグストアで398円とかで売ってます。


私が使ったことがあるのは以下の6つです。

ジャスミン
b1
香りがいいのでかなりリラックスできます。

さくら
b2
今使ってるやつ。さくらって匂いがあったかなって思うんですが結構納得します。

ヒノキ浴
b3
意外と好きです。ヒノキなんで人工っぽくない香りで和の雰囲気で落ち着きます。

アロエ
b4
かなりすっきり。さわやか。

ミルクプロテイン
b5
これはすごい。いわゆるしずかちゃんが入ってるお風呂になります。練乳っぽいんだけど全然くどくないです。女性にかなりおすすめ。

ももの葉
b6
これもさわやかでいい匂い。おいしそう。

これからの季節は温浴タイプをおすすめします。

私は次は新製品のバラを試そうと思います。

肌が弱い人はスキンケアタイプがいいです。

かなり保湿されるのでいいですよ。

私は最後シャワーで流してたんですがそれでも肌にうるおいがありました。

あるいは最初はアソートパックを試すのもいいかもしれませんね。


使ってよかった方は是非コメントください。

おそらく予想以上にぽかぽかすると思います。

女性で冷え症の人も試してみてください。



バスロマン プレミアムセレクションバスロマン プレミアムセレクション





バスロマン 森林温浴バスロマン 森林温浴




 
バスロマン ヒノキ浴バスロマン ヒノキ浴






 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.08 (Thu)

気持ちが落ち込む

私は調子が悪いときでも体がしんどいだけで精神的には問題ないことがほとんどです。

論文本番で3日間ほとんど寝れないっていう人も結構います。

でも私の場合、体がきつい分睡眠時間が長くなったりします。

論文後疲れが抜けなかったのも体が疲弊してたから。


それが昨日あたりから、体はそこそこ元気なんだけど気持ちが落ち込むっていう珍しいことになってます。

あー、そういえば楽しいことが何にもないです。

ペットでもいれば癒されるのになー、と昔飼ってた猫を思い出したりして悲しくなってるので、かなり重症のようです・・・


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.10.06 (Tue)

「マネー資本主義」再放送

NHKスペシャル「マネー資本主義」の再放送があるようです。

■第1回 “暴走”はなぜ止められなかったのか ~アメリカ投資銀行の興亡~
2009年10月8日(木)午前0時45分~1時34分 (7日深夜) 総合

■第2回 “超金余り”はなぜ起きたのか? ~カリスマ指導者たちの誤算~
2009年10月15日(木)午前0時45分~1時39分 (14日深夜) 総合

■第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか
2009年10月22日(木)午前0時45分~1時34分 (21日深夜) 総合

■第4回 ウォール街の“モンスター” 金融工学はなぜ暴走したのか
2009年10月29日(木)午前0時45分~1時34分 (28日深夜) 総合


レギュラー放送が4月~7月だったので試験前で見逃した人も多いと思います。


結局今は、CAPMとかブラックショールズ式のような金融工学が無効になってきている感じです。

正規分布の世界ではなく不確実性の世界になってるんですよね。

正規分布によると30万年に1回しか起こらないはずの株価の大変動が過去88年間に48日もあった、みたいなことです。


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質





これ買ったけどまだ読んでないです。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.05 (Mon)

温泉最高!

論文→就活のダブルパンチでふらふらだったんですが、温泉に3回行って回復しました。

1回ごとに明らかに回復しますね。

ベホイミくらい効きます。

HP80くらいです。


結局受験生活の疲れってコリだと思います。

運動の疲れや単に忙しくて疲れたというのは睡眠をとれば直ります。

しかし、コリは蓄積するんですよね。


うーん、体をオーバーホールした感じです。

また行こう。

風呂上りに食べるソフトクリームは至高のうまさですなー


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.01 (Thu)

なぜビジネス書を読んだ方がいいのか?

最近はビジネス書をよく読んでます。

確かに玉石混交だし、単なる思い込みを書いてるだけってのもあります。

しかし、最近はかなりいいものが増えたなという印象です。

本好きの人はビジネス書を馬鹿にして読まないっていう人も多いですね。

でも費用対効果でいえば抜群に高いと思います。

レバレッジシリーズの本田直之さんの本に、面白い記述がありました。


人を出し抜く超・仕事術―「レバレッジ思考」を20代でマスターせよ! 勝ち組アンダー25歳の法則 (凄ビジ・シリーズ)人を出し抜く超・仕事術―「レバレッジ思考」を20代でマスターせよ! 勝ち組アンダー25歳の法則 (凄ビジ・シリーズ)

本田 直之



「無駄な時間と労力を使わずに、仕事の成果を何倍にも増大させる」と話題の『レバレッジ思考』。著者の本田直之氏が発案したこのメソッドはビジネス界で大反響を呼んでいます。その入門編ともいえる1冊が登場! 極力わかりやすく、かつ効果をすぐ生み出せる方法が満載。
(目次より)
【序 章】知っておきたい、ビジネスパーソン4タイプ
【第一章】20代は、「逆レバレッジ」に気をつけよ!
【第二章】即効!「労力軽減」レバレッジ
【第三章】簡単!「時間短縮」レバレッジ
【第四章】驚愕!「知識増大」レバレッジ
【第五章】完璧!「人脈拡大」レバレッジ
【第六章】注意!20代のありがち逆レバレッジ


労働力人口6542万人に対して、ビジネス書のトップセラーはせいぜい30万部。わずか0.46%の人しか読んでないという計算になるようです。

ビジネス書を読む人は超少数なんですね。

そこに投資すれば、他人よりも抜け出すことは容易だということです。

この本は本田さんの本のエッセンスを集めた本なので入門用としておすすめです。

値段も1050円なので安いですし。


私的にはこの2冊が良かったです。


本田式サバイバル・キャリア術本田式サバイバル・キャリア術

本田 直之



内容紹介
賃下げ。リストラ。どこにも「安定」のない時代。
会社が倒れても自分だけは生き残る。これが絶対のスキル!
累計100万部突破。「レバレッジシリーズ」著者からの緊急直言!

100年に1度の大不況。
常識も過去の成功体験もリセットされた。
今こそ無名の個人に開かれた最大のチャンスだ。
賃下げにもリストラにも翻弄されない
自由でタフなキャリアを手に入れられるか?
すべてはこれから1年のあなたの行動にかかっている。

今なら間に合う。どこでも通用する力はついているか?
□「会社に〈個〉としてスキルを提供する」という意識を持て
□キャリアも人脈も住む場所も、すべて〈マルチ〉(複線)で考えよ
□普通の人でも〈マルチ〉を目指せば独自性を発揮できる
□「1カ月間、半分の生活費で暮らす」体験でリスクヘッジ
□「~が悪い」「~だからできない」「忙しい」、3つの思考停止ワードを禁句に


これは会社勤めの人より会計士の方がぴったりきます。

会社特有のスキルより転用可能なものを身につけろということです。




なまけもののあなたがうまくいく57の法則なまけもののあなたがうまくいく57の法則

本田 直之



【内容紹介】

始められない。
続けられない。
だらだらしてしまう。----
ひとつでも当てはまるあなたは、なまけものの資格が十分です。
そんなあなたが「やれたらいいな」を実現するための、
ほんの小さな57の工夫を紹介します。

たとえば、
■あえて他人に流される
■「やればできる」はウソ
■テレビをやめてラジオにする
■優先順位をやめて思いついた順にやる
■同じ服をたくさんそろえる
■雨が降ったら休む
......などなど全57法則!!


これは人によりますね。

私にはぴったりでした。

そんなところにボトルネックがあったのかーと少し恥ずかしくなりました。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |