FC2ブログ
2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2010.02.26 (Fri)

願書は今日まで

私はもう出しました。

忘れずに出しましょうね。


最近忙しいです。

短答があるとバタバタになりますね。

とりあえず3月末の全答1回目を受けて、そこから短答にシフトしていきます。

論グレ講義は終わりそうにないです。


金商法が2問でるので日経文庫を買って隙間時間にさらっと読んでるんですが難しいですね。


金融商品取引法入門 第3版(日経文庫)金融商品取引法入門 第3版(日経文庫)
(2009/02/17)
黒沼 悦郎

商品詳細を見る



12月短答はどうやら理論が足りなかったようです。

計算はうまく守れたようです。

しかし理論で8割とかとろうと思うとミスが許されませんよね。

アカウンティングスクール卒の人が迷ったあげく免除を使うという話を聞きました。

しかし75%とらなければいけないわけで、かなりギャンブルですよね。

もうどういう戦略でいけばいいかわかりませんね。

不確実性下の意思決定すら適用不能です・・・


 
スポンサーサイト



permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.02.14 (Sun)

簿記非常事態宣言

マズイ、かなりマズイ。

LEC短答ポイントアップ答練簿記1回目が全然できなかった。

復習用の教材として網羅性があるように作ってあるんだけど超むずい。

レベ答もできないし。


短答ポイントアップ答練は全4回で個別2回、連結企業結合1回、伝統論点1回の構成。

なるほどねー、今はこういうバランスなんだね。

私は伝統論点は得意なんだけど、個別論点が苦手です。

これはテキストの設例に戻ってやらないと。


短答ポイントアップ答練の残りの科目も復習にやたら時間がかかります。

解説講義があるんだけどWEBなので財務会計は3時間もありやがります。

ま、その方が助かりますが。


今月は簿記中心にやります。

管理は解き捨て、租税はいったんお休みを頂きたい所存です・・・


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.02.08 (Mon)

短答特化時期

色んな人と話をした結論として、私の場合論文より短答の方がヤバイということになりました。

ある先生はどんな試験でも合格率10%を切ると受かる実力があっても落ちると言ってました。

09論文の成績がそこそこはとれていたので、論文は短答後でもなんとかなるような気がします。


そこで短答にいつから特化するかが重要になってきます。

現時点では3月末の全答練1回目の後からにするつもりですが、LECグレードアップ講義がまだまだ残っているのでどうなるかわかりません。

短答ポイントアップ答練、短答公開模試はたぶん取り寄せます。

大原とタックの短答模試はおそらくどちらかだけにします。

こちらは会場受験にして時間配分の練習にしたいですね。


早めに企業法を1回転して、簿記の短答論点をつぶすということが重要になってきます。

ただ心配なのが管理会計です。

私は今まで短答の管理会計は得意で75%~80%だったんですが、監査と同時間にやるようになって力が発揮できなくなっているようです。

12月も6割しかできませんでした。

時間が足りないし、理論もできたと思ったとこがポコポコ間違えたりしてました。

管理は短答の問題をやっても伸びるとかの話ではないので、監査を含めての時間配分と新しい分野の理論問題の対策くらいしかやりようがないです。


4月くらいにある程度勉強が進んでいればアクセルの財表・監査の短答直前講座をとるつもりです。

LECの1問1答より慣れているので回しやすいので。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.02.05 (Fri)

お役所とのバトル

通信生なので願書がない。

わざわざ学校に取りに行くより郵送で取り寄せた方が安いのだ。

200円分の切手を貼った角2の封筒を送ればいい。


しばらくしてリンリンと財務局から電話があった。

切手代が10円足りないから送れといいやがる。

角2の封筒を入れると90円必要なようだ。


もちろん今電話してる10円を充当しろといってもダメだ。

経済的・実質的な話というのは全く通じない。

ということで200円切手を一旦はがして、190円分貼って送ってくれと言おうとしたがやめた。

形式的にはいけるはずなんだけどね。


ということで10円切手を80円使って送ります。

みなさんも願書は早く入手するようにね。


 
permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.02.04 (Thu)

短答にシフトか

成績開示帰ってきました。

dだった企業法も49.7とかだったんで監査のみで撃沈した模様です。

会計学、租税はともに53点台後半。

詳しくはこれから分析します。


となると短答が難関ってことになります。

色々人に聞きましたが、基準が71%になるということでアカスクなどの免除がある人は悩んでいるようです。

財務会計が簡単になっているので簿財による免除もしない人が多いでしょうね。


これからの予定としては2月に講義を精一杯消化して、3月末のTAC全答練1回目を受けます。

全答練については2回目よりも1回目の方がオススメです。

そこで弱点がわかるし、短答特化への切り替えにもなりますよね。

日程を聞くと平日クラスが3月24日(火)、25日(水)、26(木)で土日クラスが27日(土)、28日(日)だそうです。

金曜がないんですね。

詳細はパンフがでてかららしいです。


あとは短答の答練と模試をどうしようか迷っています。

短答に関しては模試って時間配分の練習以外にはあまり役に立たないんですよね。

内容的には網羅性がある短答答練の方が有用なんですよね。

私は論文コースなので追加でとる必要があります。


やはり1問1答を回すだけでは不安なのでどこかの学校のを受けるつもりです。


 

permalink  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |